九州ツアーから帰って。。。

金澤英明(b)との9日間の今九州ツアーから帰ってきました。演奏はどんどん変幻自在、自由奔放になってく。そしてよく歩き、食べ、撮り、たくさんのご縁が生まれた。とても有意義だったなあ。。ツアー後半の模様を書いていきたいと思います。

10日から二日間の熊本滞在。散歩するのも楽しみな街だ。
初めての出演のライブハウス「Two Five」は賑やかな繁華街のど真ん中〜!!地元のフリューゲルホーンプレーヤーの齋田和孝さんのバンドにゲストで参加でした。アルトの田代さん、ドラムの木村さんと共に、ハードバップの名曲の数々を🎶

翌11日、昼間に熊本市電の河原町駅周辺を散歩してみた。古い建物がそのまま残ったようなレトロさが至る所にあって興味深い!!
町名も鍛冶屋町、紺屋町、呉服町、米屋町、唐人町などなど。。。時間を忘れてしまった。
昭和33年に建てられた元繊維問屋街だった古いアーケードはアート系の若い集まる商店街として息を吹き返している。古い看板がそのままあったりと面白い空間でした。

夜は『おくら』でライブ。ここは熊本に訪れると必ず行くお店。いわゆる伝統的なジャズ喫茶。落ち着く。ここでのデュオも恒例だなあ!!

12日は熊本から在来線普通列車で佐賀へのんびりと。急に冷え込んで雨がぱらつく道中だったが、佐賀について雨も上がり晴れ間も見えた。
街角のあちらこちらに「えびす様」の石仏がある佐賀。少し歩いただけで3つ見つけた!その数808もあるらしい!
シネマテークはオーディオも充実しているジャズ喫茶。ピアノも古いNYスタインウェイが。
今日は佐賀では必ず一緒に演奏する須古大寛(as)さん、杉谷信政(ds)さんがゲスト参加。満員のお客さんと共に盛り上がりました!

13日は西鉄二日市駅近くの小高い住宅街の中にある「Jazz工房Nishimura」。お宅を改造してるのだろう。高い吹き抜けの空間はブルーが強調され、アコースティックが気持ち良く、まさに工房。本日は佐賀のギタリスト辻元重さんが加わった。昨年から共演し始めた彼は熱くブルージーなギタープレイが素晴らしい。
昼間は佐賀市内を散歩。街角の恵比寿さんを探し続けていると、夜の街の抜け殻のような通りが多いことに気づく。恵比寿さんとスナック街、、、不思議な街だなあ。佐賀神社の脇にはバラックのような商店が何軒かのんびりと営業している。寒い日にはあったかい肉まんが美味い!!

14日は佐賀の三日目、散歩も昨日とほぼ同じコースになった。少しあったかくなったかなあ。肉まんの味が忘れられず、金澤さんを誘ってリトライ!!
今日は伊万里のジャズユニオンのお宅へお邪魔し、プライベートライブ。辻元重(gt)さんとのトリオは前日にも増してサウンドが良くなってくる。二日で終わりとはもったいないなあ。。今後の楽しみだ。佐賀バンドできないかな😉

よく演奏し、よく食べ、よく歩いた、よく撮ったツアーも最終日博多。今日だけのために石若駿(ds)が合流し、Boys Trioに。最終日にふさわしい盛り上がりでした!!今年も良い年になりそうだ!!

鹿児島、霧島、熊本、佐賀、太宰府、伊万里、博多とたくさんのお客様に出会い、ミュージシャンに出会い、たくさんのご縁が生まれました。本当にありがとうございました!!

ツアーから帰って18日はリーダーバンド「石井彰カルテット」の初ライブは横浜「KAMOME」にて。類家心平(tp)杉本智和(b)江藤良人(ds)という素晴らしいメンバーとの会話を楽しみ、未知の世界を探求しました。愛すべきメンバーたちとの音楽、今年も大切にしていきたいです。どうぞよろしくお願いします!!

また多数の写真をアップします!!どうぞご覧ください!!

スライドショーはこちらから!!

投稿者 石井彰 : 13:16 | ライブ | コメント (0) | -

新春デュオツアー!!


7日から九州上陸しております。新春恒例のデュオツアー、金澤英明(b)石井彰(p)の迷コンビ、まずは羽田から鹿児島へ!東京があまりに暖冬なので鹿児島のの寒さに少々面喰らう。
レンタカーで左手に桜島の勇壮な姿を眺めながら毎年のことながら”珍道中”になりそうな予感を胸に秘め、旅は始まった。

『明日の地図』は昨年に引き続き、初日のステージ。新曲も数曲リハーサルをするという真面目な一面も(笑)!!
セッションタイムには地元の素晴らしいミュージシャンがたくさん集まってくれて盛り上がった初日の夜でした!!

ライブ後、霧島温泉郷の別荘地にある「真明(まさやか)」という9日のライブ会場でもあるお家に向かい、宿泊させていただいている。今村真由美さん(vo)の別荘だ。24時間かけ流しの温泉も入り放題の最高の場所!

8日はオフ。ゆっくりと近所のお野菜の美味しいレストランでランチ。木漏れ日が気持ちよい森の中にあるレストランで頂く自家製野菜の料理は格別でした。

美味しいランチを頂いた後は、やはり観光。
「神々溝(かんがみぞ)」約2万年前、高千穂の峰から流出した溶岩が、冷却の途中で、流れに直行する方向に動いたために、その上に乗っている固まった溶岩がフランスパンのように裂けて生じたものらしい。巨大な岩の裂け目は神々が通る谷のよう。。。
その後、「えびの高原」を目指すものの、物凄い霧のため風景は見えなかったものの、鹿児島とは思えない凄まじい風景を目の当たりにしたのだった。。。霧氷でした。
我々の観光も単なる観光地巡りから秘境探検隊になってきた!!

霧島の大自然の凄さを実感したオフになりました。翌日のライブに備えて充電完了!

真明と書いて「まさやか」と読むそうで。万葉集の言葉。9日はヴォーカリストでここのギャラリーのオーナーである今村真由美さんと我々デュオとのライブでした。
霧島連山の温泉郷にある「真明」は古代ビーズアクセサリーショップとバクーンプロダクツAUDIOショールームだ。時にコンサート会場となる素敵な空間。眺めはいいし、温泉は素晴らしい。最高の環境で心身ともにリフレッシュして音楽を奏でる。こんな贅沢な事させていただいて幸せを実感しました。
素敵な古代のビーズを使ったアクセサリー、とても綺麗なので撮影させていただきました。

ライブ後、熊本へ移動。本日10日のライブのリハーサル。熊本のトランペッター齋田和孝さんのバンドにゲストで参加させて頂くライブは19:30〜『Two Five』にて!!

明日11日は同じく熊本『おくら』にて、金澤 英明(b)石井彰(p)デュオです。お近くの皆様、どうぞお越しくださいませ。


投稿者 石井彰 : 13:54 | ライブ | コメント (2) | -

2016年。

謹賀新年 2016'

本年もどうぞ宜しくお願い致します。不動明王さんのように「ブレない」「優しく深い」音楽を奏でていく一年にしていきたいと思います。自分の健康管理もしっかりしないと!!

幸せな一年になることを願いつつ、本日よりライブ活動始動です。

Boys 金澤英明(b)石若駿(ds)石井彰(p)
浅草『SHIZUKA ll』 19:30 start

皆様のお越しをお待ちしております!




投稿者 石井彰 : 11:16 | ライブ | コメント (48) | -

12月を振り返って。


とうとう2015年も幕を閉じようとしています。皆様いかがお過ごしですか?どんな一年間でしたでしょう?

楽しい事、悲しい事、辛い事。いろいろあった年でした。12月もツアーこそなかったものの、ほぼ毎日のライブ、レッスンの日々。束の間の休みの日には大好きな写真撮影。今年新たに始めた事はモノクロフィルムの自家現像。暗室でのプリントまで始めてしまいました!!これは非常に楽しい!!この作品もいつか発表できる日が来るかなあ。。。

12月5日は東向島の「プチローズ」で古野光昭(b)trio 竹村一晢(ds)とのライブ。初顔合わせ、そしてドラムセットが無く急遽近所の方からお借りしたのでリハもできなかったにも関わらずず、とてもクリエイティブなセッションになった。
夕方浅草を少し歩いてみた。デジカメ、ライカ、ローライコードの3本持ち。

12月6日快晴の日曜日、千葉県茂原のゴルフ場での日野皓正クインテットwith渡辺裕之(ds)チャリティーライブへ。もうかれこれ15年程この時期に行ってるんだろう。アクアラインに入る直前の浮島辺りの工場地のシルエットが妙に芸術的に見える。

12月8日横浜白楽の「Blusette」で加納奈実(as)とのデュオ。非常に柔軟で美しい音楽性の持ち主。とても楽しいデュオでした。白楽は古い商店街があり、写欲も湧く。

12月9日は今年最後のトリオライブ@SOMETIME。杉本智和(b)江藤良人(ds)と共に、新旧のオリジナルをたくさん演った。来年もカルテットと共に、さらに新しい事に挑戦したい。

12月11日は「TUC」にて初顔合わせトリオ。トリオと言えどもアルトサックス纐纈歩美、テナーサックスにレイモンド・マクモーリン、そしてピアノ。 ソロと3つの組み合わせのデュオ、そしてトリオと楽しい一日でした!!

12月14日は今年4回目となる長崎へ。『出島テラス』の店長であり、長年の友人である松尾格氏を偲ぶ会に出席し、金澤英明(b)と共に演奏を捧げて来ました。集まった大勢の人々の表情から、彼がどれだけ皆に愛されていたのかがうかがい知れた。闘病中も少なくとも我々の前では弱音らしきことは聞かなかった。最後まで頑張った松尾さん、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

松尾さんのお母様はお元気で、最後に我々と素敵な唄を披露してくださいました。松尾さんもきっと会場で聴いて喜んでいたでしょう。

翌日帰京して六本木の「IZUMI」に初出演。久しぶりに大隈寿男(ds)さんと演奏。感慨深い二日間でした。

12月16日、恵比寿にある新しいライブハウス『act square』で、日野皓正 CHRISTMAS LIVEと題して、上田正樹(vo)さんをゲストに迎えてのスペシャルショー。ファンキーナイト!!!! 上田さん、カッコよすぎ!!

12月19日、『KAMOME』での初めてのソロでした。クリスマスも近く、人出も多い関内の街。KAMOMEのある通りは空気が変わって静けさを取り戻す。落ち着いてじっくりとモノローグの時間。来年も各地の環境が良い場所でソロをやりたいです。

12月23日、寒い雨の一日。やっと冬の実感が湧く空気感。
お昼は相模湖のホールで、生音録音愛好の方々に招待され、ソロピアノの録音。皆さんそれぞれご自慢のマイクや録音機材で2ステージを収録。アナログのオープンリールを使う方もいらっしゃる!どんな音で録れたのか聴いてみたいな〜。
夜はそのまま中央線で西荻へ。小山彰太(ds)市野元彦(gt)津上研太(as)吉野弘志(b)という強者バンド『幽玄郷』。彰太さんが札幌に行かれたことであまり集まる機会がなくなってしまったが、このように年に1、2度の再会を楽しみにしていたバンド。非常に楽しい再演でした!

12月25日クリスマスは金沢の日航ホテルで日野皓正クインテットのディナーショー。昨年に引き続きの出演。長年続いた六本木「STB139」でのクリスマスショーが無くなって寂しかったが、金沢のクリスマスも良いもんです!

12月27日、新宿文化センターにて「Pit Inn 50周年記念コンサート」。一口に50年と言ってしまえば簡単だが、私が2歳の時からの歴史と同じなのだ。ここで数々の伝説が生まれ、素晴らしい演奏を聞き、自分も演奏してきたということが誇らしく思える。
二日間、延100名のミュージシャンが出演しました。他のバンドも豪華で素晴らし過ぎるラインナップ。日野皓正クインテット〜加藤一平(gt)石井彰(p)須川崇志(b)石若駿(ds)ゲスト大西順子(p)、今年も燃え尽きるまで演奏しました。ありがとうございました!

12月29日、浅草「SHIZUKA ll」にてニューヨークからの素晴らしいミュージシャンとの共演でした。眞壁えみさんは三味線を弾きながら歌う。オリジナル曲を多数書いていて、日本的でありジャズ的ではあるが独特の世界観を持ってらっしゃる。Thomas Mogan はPaul Motian(ds),菊地雅章(p)らとの共演で知られるNYで活躍中の若手ベーシスト。理知的かつエモーショナルで複雑,深淵なベースプレイは驚嘆させられる。
慣れない変拍子のオンパレードなプログラムだったが、二人の醸し出す不思議な世界に没頭して音楽を楽しんだ。

12月28、30日は「Boys」金澤英明(b)石若駿(ds)とのトリオ納め。ファンキータウン中野。『Sweet Rain』は金澤英明(b)年末大掃除。。。もとい、大仕事の五日目最終日。夕方から行きつけのホルモン焼き屋さんで慰労会!ここから「ホルモンボーイズ」という異名を取るようになった。お店は満員。ピアニストの栗林すみれさんの顔も見える。今年もここでたくさん演奏したなあ〜来年も頑張るぞと力いっぱいの演奏で幕を閉じました。来年は店内改装があるそうで!リニューアルオープンが楽しみです!
そして今年の千秋楽は江東区森下に移転した『Obsounds』で。
三軒茶屋の店舗から森下という街のオーナー菱沼氏の自宅1階に移転、新装オープンお祝いライブということで、おめでたい日となりました。しかも菱沼氏(オブサン)の退職祝いも!
エントランスからすぐにお洒落なカウンター席。ここでフレンチビストロ的に食事ができるようになるとのことです。そして奥にはゆったりとしたライブスペース。これは要チェックなお店です。
旧Obsoundsの店舗は、同じ三軒茶屋のライブハウス『Whisper』が移転し、引き継ぐことに!ちょっとややこしいですが!
Whisperオーナーの写真家内山繁さんとママさんも来られていて不思議なご縁のようでしたね。


演奏以外では、今月立て続けにカメラマンを題材にした映画を2本鑑賞した。

『セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター』 ブラジル出身の報道カメラマンであり環境活動家、セバスチャン・サルガド。ブラジルの金鉱、インドネシア、西パプア州の山岳地帯、北極、パプア・ニューギニア、東シベリア海の孤島、エクアドル、ペルー、ボリビア、メキシコ、イラク、エチオピア、ルワンダ、コンゴ。。。世界中の秘境や難民の惨状や内戦の悲惨さを自らの危険を顧みずに踏み込み切り取っていく様をヴィム・ヴェンダースの鋭い視線で撮影されてる。写真の素晴らしさはもとより、活動家としてのサルガドが浮き彫りになってくる。

『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』
シカゴ在住の青年がオークションで大量の古い写真のネガを手に入れた。そこには驚くべき未発表の傑作写真の数々。。。撮影者はヴィヴィアン・マイヤー。全く社会的に知られていない人物。興味を持った青年はヴィヴィアン・マイヤーなる人物を知るべく、調査を始めるが、意外な人物像が浮かび上がってくる。

両作品共に、写真好きな人、そうでない人にも楽しめるドキュメンタリー映画。とても良い映画でした!超オススメ!!

というわけで、今月を振り返ってみました。また写真が多数あります。
どうぞご覧くださいませ!!


スライドショーはこちらです!!

今年も皆様に支えられて健康に一年を駆け抜けることができました。どうもありがとうございました!!来年は1月5日に浅草「SHIZUKA ll」にてBoys 金澤英明(b)石若駿(ds)とのライブで幕開けです。どうぞよろしくお願いいたします。

投稿者 石井彰 : 14:21 | ライブ | コメント (2) | -

今月のおすすめライブ。

今月のおすすめライブをご紹介します。時の流れるのは速いもの。。。師走もあっという間に過ぎ去るのでしょう。今年のラストスパート頑張ります!!

12月9日(水) 年内最後のTrio Live、吉祥寺『SOMETIME』です。杉本智和(b)江藤良人(ds)によるトリオの弾き納め、どうぞお越し下さい!!

12月9日(水) 吉祥寺『SOMETIME』
石井彰 Trio 杉本智和(b)江藤良人(ds)
19:45 start m.c. \1,800
武蔵野市吉祥寺本町1−11−31
Tel: 0422-21-6336

12月19日(土) 関内『KAMOME』
今年もソロコンサートは代官山ヒルサイドプラザにて盛況に終わりました。年内最後のソロは横浜『KAMOME』で!!
石井彰 Solo Live
19:00 start m.c.\3,500
横浜市中区住吉町6-76
Tel: 045-662-5357

12月23日(水) 西荻窪『アケタの店』
幽玄郷+1
小山彰太(ds)石井彰(p)市野元彦(gt)
吉野弘志(b)津上研太(as)
小山彰太さんが札幌に移ってから、あまり演奏できなくなった幻のバンド『幽玄郷』。
久しぶりの再会!
20:00 start m.c.\2,800
杉並区西荻北 3-21-13 吉野ビルB101
Tel:03-3395-9507

12月27日(日)  『新宿区立新宿文化センター・大ホール 』
新宿 PIT INN 50周年記念
新宿 ジャズ フェスティバル
日野皓正 クインテット
日野皓正(Tp)加藤一平(G)石井 彰(P)須川崇志(B)石若 駿(Ds)
ゲスト:大西順子(P)
ジャズの聖地「Pit Inn」の歴史がここに集結!必聴コンサートです!日本のジャズ界を牽引してきた
レジェンドが一堂に。

12月28日(月) 中野『Sweet Rain』 
Boys Trio 金澤英明(b)石井彰(p)石若駿(ds)
今年も大暴れしたBoys Trioの弾き納めです!
20:00 start m.c.\2,500
中野区中野5-46-5 岡田ビルB1
Tel:03-6454-0817
※30日 『Obsounds』でもライブありですが、店が移転の為、詳細がまだわかりません。
分かり次第Upします。

12月29日(火) 浅草『SHIZUKA U』
♪From New York 眞壁えみLive♪
眞壁えみ(vo) 石井 彰(p)Thomas Morgan(b)
「究極の癒しの歌声!眞壁えみ の世界」をご堪能下さい!
三味線も奏でます!
ピアニスト石井彰とNYより来日の大活躍中のベーシストThomas Morganの演奏も必聴!
◆Live 7:30〜/9:00〜
◆Charge ¥3000(オツマミ付き)+オーダー別途、税別
台東区西浅草2−25−8
Tel:03-3841-5341

投稿者 石井彰 : 03:16 | ライブ | コメント (0) | -

今年ラストツアー。

日付も変わって、もう師走です!!あっという間の一年間。。。。。

今年も思い起こせば、自分のトリオ(杉本智和(b)江藤良人(ds))、ソロ活動、Boys Trio 及び金澤英明(b)との活動、そして日野皓正クインテットという大きな3本立ての柱の活動に終始したかなと思う。今年始まった新しい試み〜書、踊り、生花、音のコラボレーションは大きな一歩だったと思うし、様々なコラボレーションも生まれた。さて来年はどんな事を生み出し、どんな出会いがあるのだろう。。。気が早い話ではありますが!


さて、やはり一年でもっとも長い期間ツアーに出るのは日野皓正クインテットだ。先週は今年ラストのツアーでした。

まずは名古屋「LOELY」二日間。日野皓正(tp)寺久保エレナ(as)石井彰(p)金澤英明(b)石若駿(ds)うん、とても良いバンドだと思う!二日間超満員!!

名古屋の昼散歩は恒例の味噌煮込みうどん〜大須散歩!!ツアーの昼間の楽しみ、写真散歩!!

三日目は北新地の「Poket」でのライブ。沢山のお客様で大盛り上がりでした!!
ライブ後はBoys Trio 金澤英明(b)石若駿(ds)で私の小中学校の同級、白尾克己君が経営するご機嫌なお店「べろべろばあ」へ。天神橋筋3丁目、商店街の中にある牛タンがウリのお店。絶品のたん焼、タタキ、お寿司、最高!!!そして禁断の酒「カリビアンハバネロ酒」で脳が溶けた大阪の夜。。。。

四日目は急に冷え込んだ一日。大阪から奈良県五條市にある寺「辯天宗如意寺」へと向かう。
吉野川が近くに流れる静かな町。伝統宗教では無いので心ときめくような仏像は見ることはできなかったが、密教系だろう。シンプルで落ち着いた佇まいのお寺での演奏はいいものだ。ピアノが無いのでキーボードに徹した一日。
金澤さんはここで終わり、五日目からは須川崇志(b)に交代。金澤さん、お疲れ様!!

大阪の老舗「ロイヤルホース」は40周年だ。私が大学生でジャズを始めたばかりの頃からお世話になっているライブハウスだ。今年、マネージャーの関氏が急逝されてしまって非常に残念だったが、やっとお線香をあげることが出来た。
ロイヤルホースのライブは客席のヒートアップも最高潮に!

ライブ後、一昨日と同じく、同級生のお店「べろべろばあ」へ。絶品牛タンで千秋楽へのエネルギーを充填しに行った大阪の夜。

千秋楽は奈良「青丹学園」。ゲストにFride Pride。とても内容の濃い一週間、やりがいがありました。いろいろとハプニングはあったものの、それ以上にバンドが発展進化していったのが実感できたのだ。

演奏が全て終わって、宿泊が京都だったので、恒例の深夜散歩。ツアーの余韻に浸りながら須川崇志、石若駿と共に祇園のお茶屋街、建仁寺、旧遊郭街を。清々しい夜。

さて、またたくさんの写真を撮りました。ツアーの雰囲気を少しでも感じて頂ければ!!

こちらからどうぞ。

スライドショーはこちらからどうぞ!

投稿者 石井彰 : 01:08 | ライブ | コメント (0) | -

10月後半戦ツアー記

10月21日から我がトリオは関西ツアーへ。

杉本智和(b)江藤良人(ds)そして私の3人は江藤号に乗り込み、一路大阪へ。7時間かけての車の旅はやはりキツかった。。。が、演奏が始まってしまえばこっちのもの。何かが脳から分泌され、のめり込むのみ!初日大阪『Mr,Kelly's』幸先良いスタートでした。
演奏後、ゆっくりスンドウフの食事をし、散歩をし、ようやく落ち着いたのでした。

翌日は大阪〜神戸の移動なので、時間が余っているので、杉本智和と私は当然のごとく寺巡りへ。動物園前からのんびり歩いて「一心寺」を経て、四天王寺へ。四天王寺では秋の名宝展が目当てだったが、天王寺舞楽という儀式を見ることができてラッキーだった。中国の古典舞踏と雅楽を混合させたようなとても珍しい法要。
四天王寺を後にして、昼食がまだだったことに気づいた我々は新世界へ戻り、名物串カツに舌鼓を打ち、神戸へ向かうのであった。
新今宮駅のチャイムの曲がドボルザークの「交響曲第9番 新世界より」のメロディーだったことに気付き、ドボルザークもこの地を訪れて作曲のヒントを得たのだなと感慨深いものがあったのだった。。。。わけないわな笑!

神戸『クレオール』。ここはピアニストが泣いて喜ぶ環境のスペース。マスターが無類のピアノ好き〜キースジャレットから現代音楽まで〜なもので楽器ににも音響的にも非常にこだわりがある。Pooさんも気に入ってソロ演奏を好んでここでやっていたというのも、もっともな話。
二日目も気持ち良く弾け、発展したトリオでした!

三日目は姫路にある天台宗別格本山書写山円教寺へ。夕方の時間に行ったので時間が無く、おお急ぎで摩尼殿だけ拝観。清水寺のような舞台付きのような素晴らしいお堂でした。
映画「ラストサムライ」でも登場したお寺です。今度時間がたっぷりある時に奥までゆっくり行きたいな〜と、仏友杉本智和と誓ったのでした。

姫路『Layla』は古いが味わい深い雑居ビルの3階にある老舗ジャズライブハウス。トリオツアー最終日とあって、演奏もだいぶ変化を遂げている。熱い声援に嬉しくなりながら、力を出し切ったライブでした。とても充実した三日間でした。大阪、神戸、姫路にいらしていただいた沢山のお客様、本当にありがとうございました!

トリオツアーの写真です。どうぞご覧ください!!

スライドショーはこちらです!!

トリオツアーが終わり、江藤良人(ds)と別れ、私と杉本智和(b)は岡山へ。岡山県浅口市鴨方町。父の育った町だ。この町で毎年コンサートを行えるようになって14年、日野さんをゲストに呼べるようになって13年。時の流れは早い!昨年からはヴォーカルの国貞雅子も加わるようになった。

今年も「平喜酒造」の酒蔵コンサートも600人のお客さんの呼気中アルコール度数の高さと物凄い熱気とで汗みどろになりながら最高潮の盛り上がりを見せました。
親父の墓参りもできて幸せな1日でした。
石井彰trio 杉本智和(b)石若駿(ds)スペシャルゲスト 日野皓正(tp)国貞雅子(vo)という面々。


27日からは久しぶりの台湾へ!日野皓正(tp)クインテットでの台中ジャズフェスティバル出演でした。初日は移動のみ。台中入りすると、まだまだ汗ばむ陽気!散歩したり美味しい小龍包頂いたり、マッサージしたりと、ゆっくり過ごす。

28日夜、台中ジャズフェスティバルのステージでした。日野皓正(tp)クインテット 加藤一平(gt)須川崇志(b)田中徳崇(ds)石井彰(p)。我々の前に出演のRich Huang Jazz Quartetと共に最後の曲「Never forget 311」で大セッションとなり、会場の熱気は最高潮に!!熱い夜となりました。
最後の夜は屋台での夕食と足裏マッサージへ!

台中の町並みはどこか懐かしい感じがする。中心街は高層ビルも沢山立ち並ぶが、一本裏通りに入ると素朴で静かなエリアが。そんな場所にある飾らないお店での食事は最高に美味い!人々も人懐っこく、笑顔が沢山見ることができた。うん、大好きな街だ。また是非ゆっくり行ってみたいな!

台湾の写真です。どうぞご覧ください!!

スライドショーはこちらです!!

投稿者 石井彰 : 02:40 | ライブ | コメント (0) | -

秋のトリオツアー!!


石井彰Trio Tour '15 Autumn

今週は久しぶりのトリオでのツアー、大変楽しみです!!関西3days 皆様のお越しをお待ちしております。

石井彰(p)杉本智和(b)江藤良人(ds)

10月21日(水)
大阪『Mr, Kelly's』2stages/入替無し 1st 19:30/2nd 21:15
charge:前売¥4,000 当日¥4,300
大阪市北区曽根崎新地2-4-1
ホテルビスタプレミオ堂島1F
TEL:06-6342-5821
10月22日(木)
神戸三ノ宮『クレオール』2stages/入替無し 1st 19:30/2nd 21:00
charge:前売¥3,500 当日¥4,000
神戸市中央区山本通2−3−12
北野ハンター坂(北進一方通行)の中ほど、東側。
TEL:078-251-4332
10月23日(金)
姫路『Layla』2stages/入替無し 1st 20:00/2nd 21:30
charge:¥4,000 学生:¥3,000
姫路市 立町 71
TEL:079-224-9469

この後は、恒例の酒蔵コンサートです!

10月24日(土)
JAZZ IN 平喜
石井 彰(pf)石若駿(ds)杉本智和(b)スペシャルゲスト 日野皓正(tp)国貞雅子(vo)
岡山県浅口市鴨方町『平喜酒造』 18:00開演 16:00より利酒会 フードも多数ご用意しています。
\6,000 お土産付き
岡山県浅口市鴨方町鴨方1283
TEL.0865-44-2122

投稿者 石井彰 : 02:23 | ライブ | コメント (3) | -

写真で綴る日々の活動〜9月10月。

久しぶりの更新になってしまいました。もう10月も3分の1を過ぎたところ〜過ごしやすい大好きな秋の日和になってきました。今年も残すところ3ヶ月、時の経つのは早いです。

9月は、夏のツアーが終わり、ほっと一息つきながら自分の活動を見つめ直す月となりました。

5日の代官山「ヒルサイドプラザ」でのソロコンサートは今年で11回目を迎え、気張らずありのままで素顔の今の自分を表現できたと感じることができたのが収穫でした。

ソロコンサートの模様をカメラマンの竹下智也氏に撮っていただきました。こちらからどうぞ↓↓↓↓↓↓
「ソロコンサート」by Tomoya Takeshita
「スライドショー」


トリオの活動も! もちろん石井彰Trioは頻度は減っているものの健在です。ベースを金澤英明に替わったことも。杉本智和(b)江藤良人(ds)の不動のメンバーでイーストワークス時代の曲を演奏し、新たな局面を見出せたことも嬉しかった。

トリオの年内の活動予定は、10月21日(水)大阪「Mr,Kelly's」 22日(木)神戸「クレオール」23日(金)姫路「ライラ」、ちょっと飛びますが12月9日(水)吉祥寺「Sometime」です。どうぞよろしくお願いします!

相変わらずの珍道中を続けるBoys〜金澤英明(b)石若駿(ds)は、水戸、九州ツアーと。新しい店の水戸「Cortez」の素晴らしい音響のリニューアルされた会場に驚き、九州では直方「The Bar」、大分「Naima」、長崎「出島テラス」と観光を十分に兼ねて。大分では石仏を見ることができました。今月1日は六本木「alfie」でプリスカ・モロツイ(vo)というテレビでもおなじみのスーパーヴォーカリストを迎えてのライブもしました。
次回のライブは10月26日(月)に北千住「バードランド」です!

シーズンに一回くらいのスパンで活動を続けるScene Of Jazz〜安カ川大樹(b)大坂昌彦(ds)は久しぶりの銀座「No Bird」で。12月7日(月)に同じ会場でライブです!

とても面白かったイベント「邂逅と黎明 舞う花、そして綴られる音」は大塚の「音楽堂anoano」にて行われました。6人のアーティスト石井彰(p)市野元彦(gt)白石雪妃(書)Jacky(dance)
加藤ひろえ(生花)BOSS(light,photo)が非日常的空間を即興的に作り上げるというコンセプトは、アイマスク、耳栓によって5感の二つを遮るところから始まるという仕掛けがありました。それを経て視覚、聴覚が逆に研ぎ澄まされるのでは?という目論見は成功したようです!この試みはまたやってみたいですね。まだ未定ですが!

金澤英明(b)とのデュオは日常的に突発的に進化変化します。それが楽しいデュオ!この二人で初出演した成城「Beulmans」はとても気持ちのよいカフェでした。日曜の夕方から日が暮れる変化が感じられる明るい店内は我々には上品すぎたかな(笑)?!また出演したお店が増えました。今月はもう4回もライブをしました。11月3日(火)には神戸「クレオール」で演奏します!

神保町に「アディロンダックカフェ」という小さなライブカフェがあります。以前コンスタントに出演していました。久しぶりに続木力(harm)吉野弘志(b)というトリオで出演しました。というのは2年前のライブの実況録音盤がリリースされるのです。ところが発売記念になるはずが、商品が出来上がるのが遅れて間に合わないという。。。リベンジで来年1月26(火)に行います。

日々の写真をどうぞご覧ください!ランダムな並びですが。。。

スライドショーでも見れます。

投稿者 石井彰 : 02:14 | ライブ | コメント (0) | -

お奨めイベントです。

今月に入り、大規模な水害や火山の活動が活発になったり。地球が悲鳴を上げてるのかものかもしれません。自然の脅威には人間は太刀打ちできません。いかに被害に遭うのを避けるために知恵を使い、地球に優しい事を人類全体が取り組んで行くべき時なのでしょうね。

人類同士の争いごとも不毛な事。宇宙の広さ、人類の長い長い歴史から見たら些細な時間。限られた人それぞれの一生を、自分だけ良ければという利己的な考えを捨て、愛を持って生き抜きたいものです。

柄にもない発言ですが、最近思う事を。

さて、今月も半分過ぎてしまいましたが、お奨めのライブイベントを!!


9月18日には、吉祥寺「Strings」で石井彰Trio 杉本智和(b)江藤良人(ds)のメンバーで演奏します。今回は「Plays "ewe" Years」と銘打っております。10数年に渡ってお世話になったレーベル「イーストワークス」が残念ながらクローズしました。発表した5枚のアルバムはファンの皆様の温かいご援助により権利が守られました。この5枚のアルバムの思い出の曲を現在の自分達で表現しようという試みです。

9月18日(金) 吉祥寺「Strings」 
石井彰Trio 杉本智和(b)江藤良人(ds) 「Plays "ewe" years」
18:30 open 19:30 start \3,100
武蔵野市吉祥寺本町 2-12-13 (TNコラムビル地階)
Tel & Fax 0422-28-5035



9月22日は、初めての試みのイベントです!ピアノ、ギター、書、ダンス、生花、灯り。各界のエキスパートが集まります。
「邂逅と黎明   〜舞う花、そして綴られる音〜」ーそれぞれが違う分野で活動する6人。巡り合うべくして巡り合った”Synchronicity”、6つの魂が交差し、同調し、ある時は反発し合う。
花弁が薫り、宵の陽炎のごとく綴られる音色。艶の宴。新しいアートの在り方を問いかける空間を、そして魂を感じて欲しい。

観客参加型、体験型イベントになると思います。普段ありえない空間を演出します。どうぞ体験してください。

9月22日(祝) 大塚「音楽堂anoano」
「邂逅と黎明」 石井彰(p)市野元彦(gt)白石雪妃(書)Jacky(dance)加藤ひろえ(生花)BOSS(灯り、photo)
17:00 open 17:30 start \3,000
豊島区南大塚1−49−2 ハイムデルムンド 1F
info.anoano.music@gmail.com(担当:名久井)

投稿者 石井彰 : 01:19 | ライブ | コメント (2) | -

代官山ソロコンサート終了しました!


今夜のソロコンサート、たくさんのお運びをありがとうございました。良い響きの会場、最高のベーゼンドルファーのフルコン、そしてスタッフの皆様のお陰でリラックスして演奏できました。

今日の気分は、無理せず、自分らしく、丁寧に。自然にセンチメンタルな音選びになる。何と言うか、今年に入ってからいろいろあり過ぎた感がある。周りの尊敬する先輩、仲間の死に何度も直面したし、自分の音楽家としてのアイデンティティーとは?という悩みもまだ気持ち良く答えが出たとは言えない。

その今現在の混沌とした気持ちを受け入れ、肯定し、ありのままに〜♫という気持ちでピアノに臨みました。

二部の途中でピアノの横に立ててあったマイクスタンドの脚が突然折れて倒れるというアクシデントも。誰か来てたかな。。。

本日のプログラムです。

第一部
1.The Wind
2.Lotus Blossom
3.Chelsea Bridge
4.In Love in Vain
5.Embrace(original)
6.Autumn in New York

第二部
1.No Title(original)
2.Setembro
3.Golden Earring
4.Walk by my own(original)
5.My Romance
6.So in Love

アンコール
Tres Palabras

投稿者 石井彰 : 02:18 | ライブ | コメント (4) | -

8月の思い出。

もう8月も終わりになってしまいました。台風が来るたびに秋も近付くようです。

今更でもないですが、私の趣味は写真を撮る事。お寺巡り、仏像鑑賞はもちろんありますが。カメラは出かける際の必携品!街角スナップというのは本当に楽しいです。

何気ない建物や標識や看板や道路が物語を自然に作っているように感じる。オーバーに言えば身の回りにはドラマが絶えず繰り広げられている。その一瞬、自分がグッと来る物に対してレンズを向けて切り取る。何も芸術的なものを撮ってやろうなんておこがましい考えは無い。元々そこにあるのだから。自分がドキッとしたり、グッときている感覚を見てくれる人に伝えられたら。。。感覚を共有できたら。。。そんな気持ちでシャッターを切ります。

もっと乱暴な言い方をすれば、ピアノソロなんていうのは、その感覚に近い。ふっと歩き出し、そこにある空気感、降ってくる音に耳を傾け、自分が感じるサウンドを紡ぎ取っていく。

音楽でも写真でも、しっかりと構成、構図をピシッと決めて構築美を追求するタイプもあるとは思うが、自分には向かないと思っている。直感や感覚的なものを大切にして、失敗を恐れずにやってみたいというのが自分流だなと思うのだ。

街を歩くにしても、どの方向に足を向けようか〜という所から直感に頼っている。なるべく行ったことの無い場所、通ったことの無い道を選ぶ傾向にある。

8月もライブで訪れる地を彷徨って撮り、帰りに寄り道して撮り。そんな風に撮りためた写真を多数アップしました。興味がある方は是非ご覧ください!

撮影場所は、中野、松戸、銀座、新宿、潮来、三件茶屋、下北沢、古河、長崎雲仙、長崎市内、大分、熊本です。

今回はあえてライブのレポートは無し。純粋に写真に特化したの巻〜!!


こちらからどうぞ⇩⇩⇩⇩⇩

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-pvydilj7re5b3yqs6r5iz56zrq-1001&uniqid=04711c6b-7f84-49ce-bd84-cbe540d60f8c


スライドショーはこちら⇩⇩⇩⇩⇩

https://box.yahoo.co.jp/guest/slideshow?sid=box-l-pvydilj7re5b3yqs6r5iz56zrq-1001&uniqid=04711c6b-7f84-49ce-bd84-cbe540d60f8c

投稿者 石井彰 : 00:26 | ライブ | コメント (3) | -

秋のソロコンサート🎵

8月に入りました。今日も物凄い暑さが夜中まで残っています。体調管理しっかりして夏を乗り切らねば!!

さて、毎年恒例の秋のソロコンサート。今年は少し早い時期の開催となります。一昨年と同じ代官山ヒルサイドプラザ、素晴らしいベーゼンドルファーを使って極上のサウンドをお届けできればと思います。

まだまだ残暑厳しい時期かと思われますが、どうぞ皆さまのお越しをお待ちして居ります。9月5日は手帳にチェック!!


石井彰 Solo Concert

2015年9月5日(土)

代官山 ヒルサイドプラザ 地下ホール
開場 17:30 開演 18:00
入場料 3,000円 (今回は事前のチケット販売、前売り設定は無く、当日受付でのお支払いのみとなります)

東京都渋谷区猿楽町29-18   東急東横線「代官山」下車 徒歩3分
                                           JR渋谷駅南口改札出て西側、 東急トランセ(バス)
                                           ヒルサイドテラス前下車 斜め向かい

問い合わせ 090-9688-9550 (平嶋)

投稿者 石井彰 : 00:30 | ライブ | コメント (0) | -

暑中お見舞い申し上げます。

久しぶりの更新になってしまいました。梅雨明けと同時に猛暑、酷暑の各地。。。。皆様どうぞ熱中症などに気をつけて下さい!!


今月の頭から毎年恒例の日野皓正(tp)バンドでの夏の「サバイバルツアー」でした。メンバーは加藤一平(gt)、須川崇志(b)、田中徳崇(ds)そして私というクインテット。3年前のこのツアーで頚椎を痛めてしまってから、車に乗る際の姿勢に気をつけたり、重い荷物を無理して持たないようにしたり。。。今回はキーボードがあったので、セッティング〜片付けが結構大変でした。毎日のマッサージやストレッチが日課なツアー、なんとか無事に終了です。

甲府「桜座」、静岡「Life Time」、名古屋「Blue Note」、浜松「Porte Theater」、8時間の広島への移動日、広島「Juke」、松山「MONK」、高松「Speak Low」、倉敷「アヴェニュウ」、岐阜への移動日、岐阜のゴルフ場、恵那峡「グランドホテル」、金沢への移動日、金沢「もっきりや」、大阪「Mr Kelly's」、芦屋「Left Alone」、和歌山「デサフィナード」、京都「RAG」。

書いているだけでも長さを実感。体力的にも音楽的にも精神的にもかなりきついが大きな収穫があったツアーでした。バンドメンバーとこれだけ長く寝食を共にし、毎日真剣かつハイテンションな演奏を続けると絆も深まる。

ツアー中の各地の街を歩くのも楽しみでした。恒例の散歩写真も大量にありますので、どうぞご覧ください!!   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ツアー写真紀行です。

スライドショーはこちらです。

投稿者 石井彰 : 12:22 | ライブ | コメント (0) | -

日野皓正クインテット東北ツアー!!


25日から始まった東北ツアーも半分を過ぎ。。。。残すところ3公演となりました。初日の函館が遠い昔のような。もう半月経った訳です。

バンドはただがむしゃらに演奏する時期を過ぎ、第2第3ステージへと。色々と上手くいかない事もありますが、それをすっと乗り越えて次のステージへ進んでいけるのが凄いところ!

北海道から来た者にとって、東北はこんなに暑かったのか!?というほどの強い陽射しの盛岡でした。昼間の散歩は北山社寺群を目指して始まる。報恩寺、鬼の手形の神社、桜山神社などを。とにかく報恩寺は素晴らしいお堂だった。本尊盧舎那仏を中心に華厳経を模した華厳殿となっている。一種の立体曼陀羅だ。お釈迦様の十大弟子、十六羅漢が須弥壇に、お堂の周りには表情豊かな五百羅漢!圧巻でした!!
ご住職も気さくな方でお話をしてくれたり、写真も自由にどうぞと言ってくださったりと、とても良い空気のお寺。また是非訪れたいものだ。
街もとても良い空気感!これがみちのくののんびり感なのかも。
前日も訪れた「すぺいん倶楽部」は満員のお客様で息苦しい程の熱気。マスター西部さんのテナーサックスの飛び入りもあり、東北ツアー良いスタートを切りました!

翌26日は北上し、青森県は八戸へ。夏の南郷ジャズで訪れる馴染みのある街だ。今回は「ハッチ」という多目的ホールのようなスペース。なんとピアノはベヒシュタイン!深く味のある渋い音色は大好きだ。素晴らしいコンディションでした。
ライブには八戸在住のデビッド.マシューズ(p)さんも飛び入りし、またもや盛り上がった一夜になりました。
ライブ終了後は、この地に来ると皆で訪れることが多い屋台で青森の美味に舌鼓を打ちました。

翌朝は少し冷え込んだ青森八戸。朝市の食堂での朝食から今日は始まる。とても新鮮で濃厚な海の幸を頂きチャージ完了。
秋田「Cat Walk」はここ数年毎年出演している。熱いお客様の声援が嬉しい! この日は、1stステージの終わりに日野さんの策略をメンバー全員が察知出来ずに一喝されるという出来事が。2ndは持ち直し、マスターはじめとするトランペット衆3人が飛び入り。結果盛り上がったライブとなりました。

一関への移動オフ日をはさんで、29日は「ベイシー」。知る人ぞ知るオーディオの聖地。JBLのスピーカーから流れるアナログレコードの圧倒的なジャズの音圧、臨場感にはノックアウトされっぱなしだ。
今日のライブは亡くなった名プロデューサー伊藤八十八さんに捧げてのものだった。往年の日野さんの数々のアルバムはもちろん、寺久保エレナに惚れ込みプロデュースし続けたのも伊藤さんだった。今日のライブはきっと伊藤さんに届いているだろう。いや、ベイシーのどこかでニコニコして聴いていたのだろう。

今日は一関から仙台へ移動し、オフ。ゆっくり洗濯している間に散歩。伊達政宗廟のある瑞鳳寺まで。緑が美しい!!
仙台と言えば牛タン!近藤商店という隠れ家的ダイニングバーの絶品牛タンを頂いた後は、ライブハウス「KABO」へ。演奏していたピアノトリオに日野さん、寺久保エレナ、私が飛び入り。お邪魔しました!!

明日もオフ。ゆっくりしてラスト3日間への充電だ。

さてまた大量の写真があります。こちらからどうぞご覧ください!!

スライドショーはこちらです。

投稿者 石井彰 : 02:12 | ライブ | コメント (0) | -

北海道終了です!


北海道の後半は21日朝から網走第一中学校でのミニコンサート。心からコンサートを楽しんでいる生徒たちに乗せられて朝からヒートアップ!学生さんのクラリネット、ピアノ、パーカッションが大挙飛び入りし、とても素晴らしい思い出になるコンサートでした!
夜はライブハウス『ちぱしり』でのライブ。中学校のパーカッションの子達が三人聴きに来てくれて、また飛び入ってくれてまたまた盛り上がってしまいました。決して物怖じしない素直な子供の感性に胸を打たれっぱなしの一日でした。

翌日22日、網走から旭川までの長い道のりでした。大雪山あたりにはまだ雪が大分残る。層雲峡で一休みして風景を楽しんだりと北海道はやはりのんびり急がない旅が似合う。
旭川『A.Evans』は何度も来ているライブハウス。ママさんのアリョーナさんがアルトサックスを吹く。今回も2曲飛び入りしてくれて熱いブロウを聴かせてくれたのでした。

23日、北海道最終日は砂川へ。その昔は炭鉱で栄えていたらしいが、現在は駅前も寂しいが、どこかあっけらかんとした佇まいの街。とても気が休まる。リハーサルも直ぐに終わり、お決まりのBoys散策隊はうろうろとほっつき歩く。
会場は駅に直結したホール。とても良い響きで気持ちが良い!北海道ラストだからなのか、皆弾ける弾ける!!札幌在住のタップダンサー吉田つぶらさんが飛び入り。日野さんとのタップデュオも。日野さんが転倒のアクシデントもあったが大事に至らず元気に北海道8箇所無事終了しました。

こういった爽やかな季節の中での北海道ツアー、最高の旅となりました。音楽はもちろん、たくさんの温かい人たちとの出会い、交流は何事にも替え難い経験。おまけに食べ物は美味しいし、大自然の素晴らしさ、空気の美味しさ。また来年あるといいなあ。。。

今日は北海道を離れ本州へ。日野さんエレナ組は飛行機、Boys組は電車。何故ならベースが飛行機に乗らないから!!トリオは運命共同体ということで。。。
札幌を午前中に出発。苫小牧まで南下。そして海岸線をひた走る。登別、室蘭、伊達、洞爺、長万部、八雲、森、大沼を通り、函館に着いたのが14時。乗り換え時間がかなりあったので、一旦外に出て朝市の食堂で海鮮丼を!
そして生まれて初めての青函トンネルを通り、青森。新青森から新幹線に乗り換え、盛岡に着いたのは20時前。。。10時間移動だ。
しかし、その疲れを吹き飛ばしてくれたのは、やはり羊ちゃん!美味しいジンギスカンを食した後、明日の会場「すぺいん倶楽部」に押しかけ、1ステージ演奏!!日野バンドの元気さ恐るべし!!

明日から東北ツアー開始です!

写真多数アップしています。こちらからどうぞ!

スライドショーはこちらからどうぞ!



投稿者 石井彰 : 03:07 | ライブ | コメント (14) | -

日野皓正(tp)クインテット北海道ツアー!!


14日から北海道に来ております。昨年に引き続き、日野皓正(tp)スペシャルクインテット〜寺久保エレナ(as)石井彰(p)金澤英明(b)石若駿(ds)の面々による、約3週間のツアー。

札幌でのリハーサルを終え、初日は函館「金森ホール」。あいにくの雨で寒い日だったが、演奏は次々と化学反応が起こり、とても良い滑り出しとなりました!
ホールは港近くの赤煉瓦倉庫街を改装しているオシャレなエリア。ホールの響きも素晴らしかった。

二日目は洞爺湖近くの壮瞥町。昨日と打って変わって快晴の北海道!昼食もテラスで十分な暖かさが戻った。洞爺湖の向こうに見える羊蹄山、見事でした。そして近くには対照的な昭和新山。麦畑がみるみる盛り上がって出来た岩山。それを見た人はさぞビックリしたろうなあ。。。
コンサート会場もとても良い雰囲気の小ホール。もちろん演奏も盛り上がりました!

三日目は昨年の冬に来た新冠。一面雪景色だったので、どんな町なのかわからなかったが、海ぞいの緑が綺麗な町。サラブレッドの名馬の産地として有名だそうだ。あちこちに牧場がある。
レ・コード館はアナログレコード盤の膨大なコレクションがある。ここのホールでのコンサート 今日はピアノはベーゼンドルファー。とても良く響くホールで気持ち良く演奏できました!

四日目は幕別へ。海沿いを浦河あたりまで走り、日高山脈越え(たぶん)して十勝の幕別へ。とにかく牧場が多く、可愛い馬には本当に癒されっぱなし!
冬の十勝は、このところ毎年のように訪れているので雪景色のイメージが強すぎる。こんなに緑と土の色が濃いとは!!しかし広大としか言いようがないなあ。。。。 
幕別百年記念ホール講堂でのコンサート、今日もまた新たな展開があり、日野さんの新曲も初お目見えしたりと、大変盛り上がりました!

五日目は十勝から釧路へ。雨のせいもあるが、川、沼、海と水分が多くなる雰囲気は悪くない。
昨年はBROSSという素敵なライブバーが会場だったが、残念ながら閉店。今回は釧路芸術館という、これまた素敵な会場。響きもピアノも最高!そしてお客さんのノリも最高潮に!ノンストップで5日間駆け抜けたクインテット。毎日化学反応が起こり続ける!!!

六日目は天気も回復し、清々しいオフ日になりました。釧路から一気に北上。湿原地帯を通り、弟子屈町でランチの後は摩周湖へ。綺麗に見渡せる幸運に恵まれる!そしてオホーツク海まで抜け、涛沸湖のほとりで原生花園の風景を楽しむ。片やオホーツク海から知床連山を臨み、片や静かな涛沸湖のキラキラ光る湖面を眺めていると、現実感を失ってゆく。。。。

明日は網走「ちぱしり」でのライブです。中盤も頑張ります!!

写真がたくさんありますので、こちらからどうぞご覧ください!!

スライドショーはこちらです。

投稿者 石井彰 : 02:46 | ライブ | コメント (2) | -

5月に。。。

もう5月に入りました!今年も4分の1過ぎたのですねえ。。。早いものです。

最近のマイブームは散歩。運動不足解消、メタボ解消、足腰の鍛錬、そして街のスナップ写真と良いことづくめ。空腹を感じるというのは気持ち良いものです。ツアーなんかに出てしまうと食事の時間だから食べる、夜中に必ずコンビニへ行き、おやつを買ってしまう。。。この繰り返しでかなりメタボ気味に!

とにかく、毎日知らない街、知らない道を歩き回ってます。


さて、今月のお勧めライブと言えば!!

5月4日の月曜日、『Tribute to Bill Evans』と銘打ったライブを行います。

BIll Evans🎶 

私がジャズピアニストになろうと決意したのは、この人のピアノを聴いたからに他ならない。漠然とジャズに憧れていた大学1年生の頃、ビッグバンドに誘われて参加した。コードは知っていたものの、テンションを含んだヴォイッシングは難しくちんぷんかんぷん。。。先輩に誘われコンボの練習も始める。まず覚えて来いと言われたのが『枯葉』と『いつか王子様が』。何かお手本をとレコード(!)を買いに行くが、お金もあまりないために2曲とも入っている盤はないものかと探すと、あるではないか!?なになに?ビルエバンス?ふむふむピアニストか。ちょうどいい!と買い求めたのが『Portrait in Jazz』。なんという偶然。。。枯葉は凄すぎて何をやっているのかさっぱり分からず。しかし、しかしそのハーモニーとリリシズムにハートを射抜かれてしまった私は、ビルエバンスのレコードを収集するためにバイトを始め、当時発売されていたアルバムは全て買い尽くしたと思う。

今ではもう聴きまくることはないが、たまに引っ張り出して聴くと、やはり『Portrait in Jazz』は大名盤だ。スコットラファロ、ポールモチアンとのコンビネーション、インタープレイは飽和状態。とにかくエバンス自身のイマジネーションが半端なく高く溢れ出している。瑞々しい躍動感に溢れた大胆なアプローチは今もって新しい感覚としか言いようがない。

自らこのようなライブは滅多に企画しないのだが、今回は吉祥寺『ストリングス』のマスターのたっての希望でこのようなスペシャルライブをすることになりました。他のピアニストならやらないでしょうが、ビルエバンスは自分の中では神様のような存在ですから。

5月4日(月)    『Tribute to Bill Evans』
                石井彰 Trio 杉本智和(b) 岡田佳大(ds)


                吉祥寺『Strings』 18:00 open 19:00 start m.c.\3,200
東京都武蔵野市吉祥寺本町 2-12-13 (TNコラムビル地階)
Tel & Fax 0422-28-5035



皆様のお越しをお待ち申し上げます!!


その他のおすすめ情報です。


9(土) 小岩 『COCHI』 Trio with 加納奈実(as)杉本智和(b) 03-3671-1288

11(月) 下北沢 『Apollo』 Trio with 津上研太(as)市野元彦(gt)

12(火) 吉祥寺『サムタイム』 石井彰Trio 川村竜(b)江藤良人(ds) 0422-21-6336

15日からは日野皓正(tp)Special Quintet tourでのロングツアー。20日間のツアー、北海道、東北に参ります。寺久保エレナ(as)石井彰(p)金澤英明(b)石若駿(ds)という昨年の5月に行ったツアーのメンバーです。

投稿者 石井彰 : 01:40 | ライブ | コメント (3) | -

新譜発売のお知らせ。


4月に入りました。まだ寒くなる日もあり、油断できませんね。桜にも緑が混じり、良い季節です!

さて、今月は新しいアルバムが発売されました。『Boys featuring SHUN』。石若駿(ds)の東京藝術大学卒業を記念して録音されたもので、トリオメンバーに加えて、類家心平(tp)井上銘(gt)高橋佑成(p)がゲスト参加しています。

発売記念ライブは以下の通りです。皆様どうぞよろしくお願いします!

4/7新宿ピットイン20:00〜金澤英明(b)石井彰(p)石若駿(ds)類家心平(tp)井上銘(g)高橋佑成(p)
4/10浪漫座(佐賀市)19:00〜金澤英明(b)石井彰(p)石若駿(ds)類家心平(tp)
4/11出島テラス(長崎)18:00〜金澤英明(b)石井彰(p)類家心平(tp)
4/14Sweet Rain(中野)20:00〜金澤英明(b)石井彰(p)石若駿(ds)井上銘(g)
4/16Tokyo TUC(岩本町)19:30〜金澤英明(b)石井彰(p)石若駿(ds)井上銘(g)
4/26Boozy Muse(大久保)19:40〜金澤英明(b)石井彰(p)石若駿(ds)

投稿者 石井彰 : 12:30 | ライブ | コメント (4) | -

北海道ツアー〜冬の十勝。

先月末からの北海道ツアー記です。

1月29日、一人札幌へと。初日は札幌『Lazy Bird』での幽玄郷Duo。現在札幌在住の小山彰太さん(ds)と組んで演奏してきた『幽玄郷』。良いバンドだったが今は不定期活動。久しぶりの彰太さんとの再会。『Lazy Bird』は、お店のお客さんもマスターも素晴らしくエキサイティング!がっぷりと2時間、とてもハード&セクシー&包み込むような暖かいサウンドとの絡み合い。いや〜楽しかった!!自由にどこまでも羽ばたいて行けるかのようなライブだったなあ。。。

二日目は札幌から1時間ほどの街、小樽。坂道と運河、港が印象的な所だ。
だいぶ前に来た時は、確か石若駿(ds)が中学生の頃に金澤英明(b)と来たっけ。ということは7、8年ぶりということになる。『Groovy』はピアノがグランドに変わっていた以外はその時の印象のまま。雑多なようだが面白い物が、ある統一感を持って置かれている。写真好きのマスターもお元気だ。
昨日に引き続き彰太さんとのデュオに若手ベーシスト瀬尾高志が加わる。初顔合わせのトリオだ。覇気あふれる彼のプレイは素晴らしい。圧倒的だ。とてもエネルギッシュなライブだった!!

最終日帯広は長年の友人の浦島久さんが経営されている『ジョイ・イングリッシュ・アカデミー』でのライブ。ここに初登場の彰太さん、ハーモニカも吹く大熱演。地元帯広の名ベーシスト佐々木源市さん、3年連続の共演でした。これまた初共演トリオとなりましたが、気心知れた仲のような演奏ができました。浦島さん、いらして頂いた沢山のお客様に感謝です。


翌日はここ数年、定例行事になっている『冬の十勝撮影隊』。十勝のプロカメラマンが一堂に会し、写真を愛する人たちが集い、一緒に十勝の冬の風景を撮影する。

天気予報ははずれて、良い天気に恵まれた!横殴りの吹雪も撮ってみたいんですがね!

一行は最初に夜明け前の白鳥を様子を見に。元気の良い鳴き声が澄んだ空気にこだまする。清々しい夜明けを迎えたのだった。

その後、本日のハイライト!『ばんえい競馬』の朝練を見学に。サラブレッドではない無骨な逞しい馬。帯広でしか行われていない競馬で450キロのそりを引っ張るレース。スピードは無いが迫力は世界一!実は前日にレース見に行ったのだが、そのときは奴隷の馬を走らせているようで少々かわいそうだと思った。しかし、練習風景見て、馬と人間との愛情と信頼関係があるのだと感じました。

そして厩舎も見学。薄暗い馬の寝室、リビングルーム?本番や練習とは違った優しい眼差し。

次は、第一回にも行った十勝川沿いの町、豊頃町。町を象徴するハルニレの木へ。成長過程で二本が一体化した。上記の浦島久さんは、この木を撮る事を彼のお父様から引き継ぎ、ライフワークにされている。

そして一行は十勝川の河口付近へ。川が凍り、それが割れて海に押し出された後、海岸に打ち上げられる。砂浜に沢山の大きな氷塊が現れキラキラと反射する。ジュエリーアイス。この日は量は少なかったですが、付近の様は異空間の様相。とても印象に残った。

その後、豊頃町の名物ドーナツ屋さん『朝日堂』で美味しいドーナツとコーヒーを頂き、浦島さんの写真展を見に行ったりでこの日は終了!!とても充実した1日でした。

翌日、帰る前には、ちょっとした柏林でカメラタイム。尊敬する戸張良彦師匠の撮影穴場。

帰路に着いた機上から見た日高山脈の夕陽が忘れられない。。。。

投稿者 石井彰 : 23:37 | ライブ | コメント (8) | -

九州ツアー記 その2 写真多数有り

15日は熊本から久留米へ。金澤氏たっての願いで『田原坂』という西南戦争の戦跡を訪れようということからスタート。薩摩軍と官軍が激しい戦いを交わした地は現在は長閑な山の風景。官軍墓地、薩摩軍墓地へとそれぞれお参りを済ませ、資料館へ。ものすごい数の弾が飛び交ったらしく、恐ろしい戦いであったのであろうことが伺える。敵味方の区別を無く救護に当たるという赤十字社の精神の生まれた地でもあったらしいことも知った。

その後、本当は久留米大仏を拝もうかということになっていたのだが、時間的に厳しそうなので、のんびりと山道を走っていると山の中に小さなお寺が。ふとお堂の中に入ってみると、案内人の方が奥の収蔵庫へとおしてくれたのであった。すると!!そこには目を疑うような素晴らしい鎌倉期の仏像群!本尊千手千眼観世音菩薩、平安期の地蔵菩薩、そして二十八部衆像!!そう、あの有名な阿修羅もいるインドの古い神様だ。千手観世音菩薩の独特な眼差し、色っぽい紅をつけたような唇は、ものすごく生々しいものでした。ここは熊本県山鹿市鹿央町霜野にある『康平寺』。このようなお寺に出会うとは本当に驚きでした。素晴らしい!!その近くには日吉神社という古い神社もあり、昔ながらの風景が残る興味深いスポットだったのでした。

久留米『ヴィノテイク』は、ベーシストのマスターが経営している、こじんまりとしたジャズバー。アップライトピアノが二台もあり、選ばせていただいた。熱心なお客様ばかりで演奏は熱く盛り上がりました。地元のミュージシャンも飛び入りしてくれて、交流も深まったのでした。咳に効くというパイナップルジュースもわざわざ買ってきてくださったりと、とても暖かくしてくれて感謝の気持ちで一杯になりました。

翌日、熊本を出発した我々二人は在来線〜白いかもめを乗り継ぎ、長崎へ。毎年夏に来ているので寒いのが不思議な感じがする。。。『出島テラス』は昨年に改装した、とても広々とした空間。グランドピアノも良いサウンドで気持ち良い!長崎港の夜景をバックに夜遅くまで気持ち良く演奏しました。

17日は長崎から波佐見へ、出島テラスの店長の松尾さんに送って頂きました。途中、東彼杵で寄り道。素晴らしい山奥の渓谷に鯉料理を食べに行こうというのでお供させて頂きました。初めて食べる鯉。古い民宿のような料理屋のコタツに入りながら頂く鯉の洗い、鯉こく、鰻。最高なんてもんじゃなかった〜!!清冽な水で育った鯉は身が引き締まり、野趣溢れる味わい。いくらでも食べられる。鯉こくの濃厚な味わいは風邪で弱った体に染み渡る。。。最高の体験でした。
波佐見は老舗ジャズ喫茶『Doug』でのライブでした。打ち上げではお邪魔したことがあったが、ライブ出演は初めて。マスターの立石さんは非常に歓待してくれて嬉しい。地元の熱心なジャズファンが多数集まってくれました。どうもありがとうございます!冒頭の夕景写真は波佐見に向かう際の大村湾を撮りました。

波佐見から佐賀へ車移動。武雄温泉の『京都屋』というレトロ感溢れる温泉旅館でのライブ。地元の素晴らしいギタリスト辻元重さんを迎えてトリオでの演奏でした。彼の実直で熱いハートが奏でる音は素晴らしく、初共演にも関わらず我々と息もピッタリ!ナイスガイです!

武雄温泉でのライブ翌日、金澤英明、辻元重そして私の三人衆は武雄神社〜小城の九州西国霊場巡りの清水観音寳地院を訪れました。武雄神社の樹齢3000年の大楠!縄文時代からこの地で日本の歴史と共に生き続けている大木のパワーに唖然。。。
そして小城の清水観音。ここも鯉料理の有名いな場所であった。本堂までの山道の脇にはおびただしい数の石仏が。そして本堂裏にものすごい滝。75mの清水の滝!!

佐賀市内に着き、そこからまた福岡市早良区にある『越智ピアノ調律技術研究所』へ。凄いネーミングだと思ったら、普通のジャズクラブのような店内。。。。調律師の越智さんが自分のピアノや、売り物の楽器を置いてるスペースでバーやライブ営業をするような場所。だから弾けるピアノがよく変わるらしい(笑)昨日はかなり古いYAMAHAのグランド。いろんな調整の話や秘密兵器を見せて頂いたりと楽しい一日でした。辻元重さんとの二日間のライブ、実りあるものでした!また再演したいです!

ツアーもラスト3!佐賀『浪漫座』でのライブ。昨日おとといに引き続き、辻元重(gt)に須古大寛(as)杉谷信政(ds)の佐賀陣が加わっての楽しいライブとなりました。
佐賀の街にはぽつりぽつりと『恵比寿さん』がいらっしゃる。街を歩きながら恵比寿さんの姿を探すも一興。この三日間、佐賀を堪能しました!

まだ佐賀に未練があるのか、翌日は最後の佐賀見物。何故にもこんなにウロウロしているのか?我々は大体午前中にはホテルをチェックアウトするのだが、次の滞在先のホテルは大概チェックイン時間が15時。移動が近い場合、空白の時間が生じる。その時間を有効に使おうではないかと移動間の寄り道を仕方なく(?)敢行するのだ。
今日は前日共演したドラマーの杉谷さんに案内してもらって佐賀城本丸御殿の歴史館へ。立派に復元された気持ちのよい館内。藩主鍋島直正が再建した本丸御殿。幕末〜明治維新の時代の息吹を感じる。副島種臣の書を中心とした企画展が良かった。とてもユニークで自由奔放な遊んでる文字が楽しい!佐賀名物『皿うどん』をいただき、博多へ。博多でのホームグラウンド的なお店『New Combo』でのライブ。途中でヴォーカル&ウクレレの藤井康一さんが飛び入りし、楽しく華やかなライブになりました。

金澤英明&石井彰Duoツアーは22日の大分『Brick Block』でのライブで14日間の予定を無事に終了しました!各地で本当に沢山のお客様、ミュージシャンと出会うことができ、2015年の最初に良いご縁が生まれたことに感謝です。

千秋楽は地元の素晴らしいバンド『リズムギャング&生野友美(vo)』の演奏もあり、我々のデュオあり、デュオ+生野さん、最後に皆さんでセッションもあり。最終日にふさわしい盛り上がりでした。

金澤英明との14日間は非常に楽しく濃い〜ものでした笑!にやりとしたり、おおっと驚いたり、あちゃ〜そうか!と頷いたりと、がっぷりと四つに組み毎日が新しい発見がありました。ありがとう先輩!!

投稿者 石井彰 : 02:07 | ライブ | コメント (1) | -

緊急告知です! 1月25日TV!

怒涛の九州ツアーも無事終わり、平常の生活に戻りました。ツアー後半の模様はまた後日アップするとして。。。

緊急告知です! 急な情報入手によりギリギリになってしまいました!

BS朝日「熱中世代 大人のランキング」

日野さんの熱い生き方にスポットを当てた番組になるそうです。日野皓正(tp)カルテットでの昨年の一関『ベイシー』での演奏も放映されるそうです。1月25日(日)午後2時〜(前編)と2月1日(日)午後1時〜(後編)の2週にわたり放送致します。ご高覧頂けると幸いです。

BS朝日のHPでも情報をお伝えしています!
http://www.bs-asahi.co.jp/sedai/

投稿者 石井彰 : 03:11 | ライブ | コメント (0) | -

来年への抱負など〜!

今年も残す所3日となりました。一段と冷え込みが厳しくなるようです!


今年の収穫は何と言っても新しいアルバム『Endless Flow』を発表できたこと。バンドサウンドとしてはトリオの前作『Embrace』から10年も経ってしまいました。この10年、いろんな出来事もあり、メンバー一新もあり、心境の変化もあり。50歳の節目に想い出に残るアルバムをリリース出来たのはとても嬉しいです。

このアルバムという種を蒔いたことにより様々な芽が出始めました。来年はそれを育てると同時にまた新しい種を蒔いていこうと思います。


来年初めのスペシャルイベント!!

素晴らしい書家の方とコラボレーションします。


白石雪妃さん。国内にとどまらず、海外での評価が高い方です。2014FIFAワールドカップサッカー日本代表新ユニフォームのコンセプト「円陣」揮毫されていますから目にした方も多いかと思います。音楽家とのコラボレーションも積極的に行っているご様子です。

彼女が、『Endless Flow』を聴かれて一緒にコラボできないかと提案してこられたことから、この話は進み始めました。会場は横浜『motion blue』。この広い会場にカルテットと書家、そしてカメラマンが一体となり、今まで体験したことがないような空間を作り上げたいと思っています。音楽に触発されて書が舞い、宙を舞う音符と共に踊り出す。その模様をカメラが切り取ってゆく。。。是非体感しにいらしてください。

『白石雪妃x石井彰Quartet 終わり無き始まり  Jazz meets 書道』

白石雪妃 (書画) 石井彰 (p)
類家心平 (tp) 江藤良人 (ds) 川村竜 (b)
大木啓至(ライブフォト)


Open 5:30pm show times 7:00pm & 9:00pm
自由席 3600
BOX席 14400+シートチャージ3000 (4名様までご利用可能)
BOX席はネット予約のみお買い求めいただけます。

モーション・ブルー・ヨコハマ
www.motionblue.co.jp
Call 045-226-1919
〒231-0001
横浜市中区新港一丁目1番2号 横浜赤レンガ倉庫2号館3階
JR・市営地下鉄「桜木町駅」から汽車道経由で徒歩15分
JR・市営地下鉄「関内駅」から徒歩15分
みなとみらい線「馬車道駅」6番出口、または「日本大大通り駅」1番出口より徒歩6分

『書と音によるインスピレーションの交歓
五感で堪能する芸術的なステージ

書道を総合芸術として昇華させる手腕が高く評価され、世界中で多くのファンを魅了する書道家の白石雪妃。伝統的な書の世界を讃えながら、独特の観 点を加えたスタイルで音楽や美術など幅広いコラボレーションを見せると、2014年にはFIFAワールドカップサッカー日本代表新ユニフォームにコンセプト「円陣」を揮毫(きごう)するなど、各分野から注目を集めている。そんな彼女が新年の横浜からジャズ・ライヴとのコラボレーション・パフォーマンスをお届け。ステージを共にするのは、石井、江藤、川村、類家という日本ジャズ・シーンでも豪腕でならす面々。音と書が互いにインスピレーションを与え合い、どのような産物に結実するのか。生演奏との融合から生まれる芸術的なひとときに、モーション・ブルー・ヨコハマならではの料理、飲物を合わせ五感でお楽しみいただきたい。 』


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

来年1月10日(土)の夜11時からは、NHK-FMをお楽しみ下さい。『ジャズトゥナイト』のパーソナリティー児山紀芳さんからのお話でスタジオセッションを行いました。伊藤 君子さんのヴォーカルとの共演もあります。トリオあり、カルテットあり、ヴォーカルあり、ソロありのプログラムです!

石井彰(p)類家心平(tp)杉本智和(b)江藤良人(ds)ゲスト伊藤 君子(vo)

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

先の話ですが。。。。

来年3月から5月の間、JAL国際線の機内放送、Jazzの番組に、石井彰『Endless Flow』から、5曲目の「Circle」がエントリーされます。春の海外旅行はJALでどうぞ!

このお話も嬉しいものです。こちらからの売り込みではなく、このようなオファーがJALから頂けるとは?!機内エンターテインメントプログラムを組む方がマニアックな方なのか、はたまた社内に私の知り合いがいらっしゃるのか(笑)10年くらい前にもオリジナル『Sometime in the Snow』が同じプログラムで取り上げられたこともあったんです。とにかく普段に私の音楽を聴いていない方の耳に入る可能性があるのが嬉しいです。

先の話をもう一つ。

これも春頃になると思いますが、ジャズピアノの教則本が出版されます。こちらはヤマハミュージックメディアから出版される『ザ ジャズ道』シリーズのピアノ版初心者向けのものです。模範演奏CDにはトリオメンバーの杉本智和(b)と江藤良人(ds)が付き合ってくれておりますので、擬似体験可能!!

実はまだ執筆中ですので。。。頑張らないと!!

このレベルでは物足りない方は、数年前出版された『超絶ジャズピアノ』(リットーミュージック)をどうぞ!!

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

以上、来年のトピックスをお知らせいたしました。勿論、日々のライブにも精進して参ります。より深く、よりシンプルに、愛のある演奏を目指して行きたいです。

あとは、趣味のカメラ、お寺巡りも手間暇かけて行きたいな〜と思います。このところ毎年恒例の『冬の十勝撮影隊』も1月末に行って参ります。今回も気合入れて面白い写真を撮ってきます!乞うご期待!


さて、29日には大塚『GRECO』で久しぶりの共演、北浪良佳(vo)と金澤英明(b)とのライブ、そして本年ラストライブは30日の三軒茶屋『オブサンズ』での金澤英明(b)石若駿(ds)とのBoys Trioです。お時間ございましたらいらしてくださいませ!!

それでは、良いお年を!!

投稿者 石井彰 : 23:31 | ライブ | コメント (64) | -

年末。。。


そうこうしている間に、あっという間にクリスマスも終わり。今年も残す所1週間を切りました。

クリスマスの25日は北国金沢へ。ホテル日航での『日野皓正カルテットディナーショー』でした。今年からSTB139のクリスマスライブがなくなったので1日だけのスペシャルライブ、ホテル最上階の素敵な会場での2ステージ。これをもって今年の日野皓正バンドでの演奏納め!

今年もいろんな所で演奏しましたね〜!!GWのスペシャルクインテットの北海道ツアー。寺久保エレナ(as)石若駿(ds)のハジけっぷりが印象的。

東北ツアーでは立派な仏様の前で演奏しました。

恒例の夏のツアー、人呼んで「サバイヴァルツアー」!!今年も波乱万丈でしたが無事に体を壊すことなく。東海〜関西〜四国〜中国〜北陸〜九州。

秋の東北も紅葉が綺麗な寺巡りを堪能。

本当に日本中を駆け巡った一年でした。バンドもクインテット、h FACTORとメンバーにバラエティーに富んだ組み合わせがサウンドに効果的だったと思います。昨日の完全アコースティックカルテットは逆に新鮮に感じました。最近はキーボードも弾くようになったので、来年はもっと使いこなしたいなと思っています。

昨日は夜中には文字通り『ホワイトクリスマス』になり、降る雪を見ながら、そんなことを考えていました。来年は日野バンドに所属して、なんと17年目!!金澤英明(b)さんの在籍最年長記録に並びます。さてどこまで伸ばすことができるやら。。。

もちろん、自分の音楽を表現できる『石井彰Trio』『石井彰Quartet』の活動をもっともっと深めて行かねば!と思っております。明日は来年の告知を詳しく書こうと思います。

投稿者 石井彰 : 20:37 | ライブ | コメント (0) | -

師走

あっという間に今年もあと一ヶ月となりました!

11月のあまりの忙しさにブログもご無沙汰してしまいました。。。。

今月に入ってからは、『幽玄郷』のリユニオンライブがありましたね。北海道に居を移した小山彰太さん(ds)が上京してのライブ、とても心待ちにしていましたし、久しぶりの顔合わせにもかかわらず、濃密な時間が過ごせた喜びに満ち溢れた1日でした。

本日は千葉のゴルフ場での毎年恒例のチャリティーライブ。日野皓正(tp)クインテットにゲストは”ファイト一発!!”渡辺裕之さん(ds)、そして世田谷ドリームジャズバンドの"ビーちゃん"こと、ビーズアーサー龍一君がボーカルで参加!中学3年生とは思えぬ堂々の歌いっぷり。写真は渡辺裕之さんから頂きました。

明日も渋谷オーチャードホールで政府主催拉致問題啓発コンサート、日野皓正(tp)クインテットに渡辺裕之さん迎えてのステージ。多数の出演者で、どんなコンサートになるんでしょうか?楽しみです。


今月は、13日に新宿『Pit Inn』で久しぶりの日野皓正(tp) hFACTOR!!
19日には水戸の新しいライブハウス『CORTEZ』での石井彰Quartet 、29日には一時帰国の北浪良佳(vo)と金澤英明(b)のTrio、ライブ納めは30日三軒茶屋『オブサンズ』にてBoys Trioです。

今年は恒例だったSTB139でのクリスマスライブがなくなって寂しいですが、年末まで頑張っていきますので、よろしくお願いします!!

では皆さま、風邪などひかないようにお元気にお過ごしください。先月の思い出の写真を少しアップします!

投稿者 石井彰 : 00:56 | ライブ | コメント (1) | -

トリオツアー終了。

ツアー後半戦はまず浜松から。

10月25日は日野皓正さんの誕生日!!浜松でのフェスティバルの前日リハーサル後、ヤマハの方々がバースデーケーキでお祝いを。奇しくも三日連続で日野さんのお祝いをすることに!何度でもめでたい事はめでたいのだ。いつまでもパワフルでセクシーであって欲しいです!
翌日は本番。3つのバンドが出演し、日野皓正(tp)クインテットは2番目。とても大きな「アクトシティ大ホール」で、気持ちよく演奏してきました。ジャズウイークとあって、先週から様々な場所で多彩なプログラムが聴けるこのフェスティバル、かなり楽しい!!

26日の浜松公演が夕方終わったので、そのまま京都へ前乗り。夕方にトリオのメンバーも京都に来ることになっている。。。。。ので、極自然と京都お寺巡りに。なかなか来ることがないので、お初のお寺を目指して。まずは清涼寺。ここには「清涼寺式釈迦如来」という独特な形のお釈迦様が本尊。頭髪と着てる物の模様が、渦を巻いてるんですな。日本にかなりな数、この形のお釈迦様がいらっしゃる。「清涼寺式」というくらいなので、ここが発祥の地か?宝物殿には、このご本尊の胎内から出て来たいろんな絵や五臓六腑の模型などが国宝として展示されている。国宝の阿弥陀三尊(観音、勢至菩薩)が凛として素晴らしい。

そして、大覚寺へ。平安期に嵯峨天皇が嵯峨離宮を建て、崩御後に皇后により寺に改められて誕生した。さすが天皇家、格式高い伽藍。それぞれが長い回廊でつながっている。襖絵や屏風が素晴らしい。仏像見仏目当ての私は重文の五大明王像に魅せられてしまったのだ!
すこし離れた真如堂は紅葉で有名。天台宗のお寺だ。特に女性からの深い帰依を受けていたせいか、女性が好みそうな非常に美しさ、気品の高さが感じられる寺だ。残念ながら紅葉には早かったようだ。

夕方、RAGに入り、音楽モードへ。とても落ち着いて音楽に向かえる気がした。久しぶりの自分のトリオでの京都出演を楽しみました。

翌日は午前中から仏友杉本智和と京都見仏へ。四条大宮から「らんでん」という可愛らしいチンチン電車で仁和寺へ。
平安時代、58代光孝天皇〜宇多天皇の時期に建立されて以来、明治維新まで皇子皇孫が仁和寺の門跡となられ、御室御所と呼ばれてきたそうな。とても広々とした境内は国宝、重文の伽藍、宝物が数多くあります。
お寺なんだが、御所なので、もの凄い豪華絢爛のお屋敷の見学という感。1000年以上昔の京が栄えていた頃を想像しながらゆっくりと見学。肝心の見仏は霊宝館の名宝展で。いきなりど迫力の愛染明王に度肝を抜かれる!落ち着いた感じの阿弥陀三尊が素晴らしい。
ゆっくりしていると。。。。おっと、今日は神戸へ行く日なんじゃなかったのかい?てなことで、急いでホテルへ引き返す途中、やはり太秦で途中下車してしまう我々二人であった。
広隆寺の宝物館へ脇目もふらずにずんずん突き進む杉本と私。国宝第一号のかの有名な弥勒菩薩。。。あまりの素朴な美しさに時を忘れる。本当はもっとゆっくりしたいのだが、後ろ髪を引かれながら宿へ戻り、神戸へ向かう。

三宮のハンター坂にある「クレオール」、神戸のホームグラウンド的なスペース。こじんまりとしている中に極上のYAMAHA C7が鎮座する。少し手が加えられていて、とても良い音がする。いつもはソロが多いのだが、トリオは初めてだ。とても響く空間なので、ドラムの音が回ってしまうのではと心配なのだが、パワーで押すタイプのトリオではないので、バランスは安心していたが、その通り普通にやりやすかった。逆にアコースティックが気持ちよい。

ツアー最終日、気持ちよい秋晴れの京都を発ち、甲府へと向かう。トリオツアーの最終地は山梨県の甲府。武田信玄のお膝元。「コットンクラブ」は古い銀行の建物を改造したジャズクラブ。20pの厚みを持った扉の金庫室が控え室だったりして楽しい。
トリオのサウンドも三日も続けば欲が出るし、冒険度も増すってもんだ。古いヤマハのグランド(SCって言ったっけ。。)の重厚なサウンドもあり、気持ちよく演奏させて頂きました。今月のツアーは、とても中身が濃く、実り多いツアーでした。また九州や、東北へも行きたいです!

今日は移動時間も長かったので、見仏は出来なくてどことなく寂しかった杉本智和と私に待っていたご褒美は!!?夕方甲府の街をぶらぶらしている時に突然目に入って来たのだった!!

十一面千手観音菩薩像。何故、甲府の何でも屋のような所のショーウインドにおわすのか。何処からいらしたのか。何故、脇侍が聖観音とシロクマなのか。謎が深まるばかりでしたが、何かお導きを感じずにはいられない日でした!

投稿者 石井彰 : 01:48 | ライブ | コメント (4) | -

Solo Concert @王子ホール

昨日の銀座王子ホールでのソロコンサート、盛況に終わりました。沢山のお客様にいらして頂きありがとうございました!

素晴らしいホールでした。響きすぎないナチュラルな残響、極上のスタインウエイ。ジャズ用に設計されたんじゃないの?っていうくらい演奏しやすく、とても集中できました。

前半は恒例のソロ。そして今回は10回記念ということで、スペシャルゲストを!私の愛すべきトリオのメンバー、杉本智和(b)江藤良人(ds)、そしてまさかの日野皓正(tp)さんの参加!後半一曲トリオで演奏した後、日野さんとのデュオを♫そして最後にカルテットで一曲という豪華なラインナップになりました。

ソロではピアノの繊細な響き、ホールに響き渡る残響、バンドでは力強いパワー、躍動感を。そのコントラストを楽しんでいただけたかと思います。

先週に引き続き、自分のやりたい音楽をトリオ、カルテット、ソロで表現出来、さらに日野さんという究極の目標の人をゲストにお招きしてコンサートをすることが出来たという充足感に満ち溢れています。

今回のコンサート、主催者の平嶋様、毎年お手伝いしてくださるスタッフの方々、最も信頼する調律師の大橋さん、皆様に感謝致します。ありがとうございました!

演奏曲目

1st
Improvisation〜Smile
I Got It Bad
You&The Night&The Music
For Heaven's Sake

2nd
Endless Beginnings
I Remember Clifford
Free Mandela

Danny boy

投稿者 石井彰 : 16:32 | ライブ | コメント (5) | -

トリオツアー終了!


名古屋、大阪、高松、岡山のツアーが終わりました!大変実り多いツアーになりました。

初日、名古屋『Lovely』久しぶりのトリオでの出演、しかも久しぶりのトリオサウンドだったので、より新鮮にできたのではないかと思います。大阪『Jazz on TOP』は初めて出演するお店。こじんまりとしているが熱心なお客様たくさんいらしてくれて濃密な時間でした。大阪だけに「コテコテ」っちゅうやつですな(笑)なお、大阪だけ類家心平(tp)が参加してくれました。

三日目は香川高松。「香川トヨペット」のショールームが特設ステージに。ここには、日本ではまだまだ珍しいイタリア製ピアノ『FAZIOLI』が!社長の灘波さんが趣味でピアノを弾いておられるのだ。コンサートでこのピアノを弾くのは初めてだ。第一印象はとても弾きやすい!場所柄どうしても車に例えてしまうが、反応が良いエンジンが搭載されたイタリア車という感じだろうか。。。明るく澄んだ音。
お茶目な灘波社長のモーツアルトに扮してのベートーベンの「月光ソナタ」に続き我々トリオの演奏。100名を超える超満員のお客様と共に楽しいひとときを過ごせました!どうもありがとうございました。そしてご尽力頂いた、灘波社長、辻正昭さん、鶴岡雅子さん、どうもありがとうございました!

ツアーの千秋楽は岡山県鴨方にある「平喜酒造」での酒蔵コンサート。もう13年目だ。杉本智和(b)江藤良人(ds)に加えて、日野皓正(tp)国貞雅子(vo)という豪華ゲストを迎えて。

ここ鴨方は亡き父の故郷、私のルーツの地だ。澄んだ空、奇麗な空気、穏やかな気候。自然がたくさん残っている田舎の懐かしい風景が広がる。父の墓も近くにあるので、久しぶりに報告に。

平喜酒造の敷地内での利き酒会、食べ放題の飲食コーナーがあるので、開場と同時にお客さんが押し寄せ、あっという間に野外パーティー状態になる。そしてほろ酔い加減、お腹も一杯になったところで会場に入りコンサートを聴くという寸法だ。我々が会場に入ると、600人の強烈な飲酒の息、熱気が充満した空気に包まれ、くらくらするのだが、これも恒例。前半はトリオ演奏と国貞雅子を加えたカルテットで。そして後半は日野さんを迎えたカルテットでの演奏。くんずほぐれつの汗みどろの演奏!!途中で国貞さんもジャンベを叩き、スキャットをし、全員入り乱れての大円団!!これまでの中でも最高に盛上がったコンサートでした!!会場を出ると、夜風が気持ちいいんだ、これがまた!

投稿者 石井彰 : 02:07 | ライブ | コメント (1) | -

来週からはトリオツアー開始!!


非常に大きい台風がまた来ます。万全の警戒が必要ですね!!

台風が過ぎ去ると共に、石井彰Trio杉本智和(b)江藤良人(ds) はツアーに出ます。15日、名古屋〜16日、大阪〜17日、高松〜18日、岡山鴨方。一旦戻り、27日、京都〜28日、神戸〜29日、甲府です。お近くの方、是非いらしてくだされば嬉しいです。どうぞよろしくお願いします!!


10月15日(水)   名古屋『Jazz in LOVELY』
LIVE TIME 19:30p.m.-10:30p.m.
名古屋市東区東桜1-10-15 TEL:052-951-6085

10月16日(木)  大阪『Jazz On Top』                 
 LIVE TIME 19:30〜22:30
※この日のみ類家心平(tp)が加わったカルテットになります!
大阪市北区堂山町15-17 ACTV 1F    TEL 06-6311-0147

10月17日(金)  高松『香川トヨペットショールーム』
19:00 open 19:30 start
高松市香西南町577−2   TEL 087-882-5566

10月18日(土)  鴨方『平喜酒造 Jazz in HIRAKI』
16:00利き酒会 17:30 open 18:00 start
スペシャルゲスト 日野皓正(tp)国貞雅子(vo)
岡山県浅口市鴨方町鴨方1283 TEL 0865-44−2122

10月27日(月)  京都『RAG』
18:00 open 19:30 start
京都市中京区木屋町通三条上ル 京都エンパイヤビル5F TEL 075-241-0446

10月28日(火)  神戸『クレオール』  
18:30 open 19:30 start
神戸市中央区山本通2-3-12  TEL 078-251-4332

10月29日(水)  甲府『Cotton Club』
18:00 open 19:00 start
甲府市中央4-3-20  コリド桜町通り  TEL 055-233-0008

投稿者 石井彰 : 00:50 | ライブ | コメント (1) | -

ソロ〜デュオツアー記(長文、写真多数!)

また連休には台風が来るとか。。。いろんな天変地異が頻発しますが、昨日の皆既月食のような不思議で幻想的な天体ショーも見られました。秋がどんどん深まります。あっという間に10月です!

さて、アップも遅くなりましたが、先月のツアー記を。長文ですし、下に大量の写真もございます。ごゆっくりご覧頂ければと思います。

〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•

初日26日の金曜日は一人新幹線で姫路へ。初出演させていただく『Layla』へ。レトロなビルの3階へ上がると、昔ながらの扉。中に入るとなんとも懐かしい雰囲気!音楽と人の歴史が無いと醸し出されない重みを感じる。

初めてのライブハウスで初のソロは、やはり少々緊張はするが、いつも通りマイペースで思うままに弾いてく。お客さんも一杯の笑顔で応えてくれた。素晴らしい場所に出会ったようだ。これからも大切におつきあいさせていただきたいと思いました。


Laylaでのライブを終えた翌日は、ほとんど初めての姫路散策。大修理が終了間近の姫路城は壁から屋根までお化粧直しで真っ白!!しかし、すぐにくすんでくるのだそうで。。。。

そして、今回のツアーで密かに(?)計画していた見仏へ兵庫県小野市へ向かう。どうしても行ってみたかった『浄土寺』。念願叶いました。鎌倉時代の建立。国宝の天竺様の『浄土堂』!!この中に、あの天才仏師である快慶作の5mにも及ぶ『阿弥陀三尊像』がある。お堂の背面の透かし戸から差し込む西日が西方極楽浄土から阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩の三尊が雲に乗って来迎される姿を浮かび上がらせる、まさに浄土思想の建築的表現の究極。もの凄いリアリティーで迫ってくる様で迫力なのだが、幸せな気持ち、落ち着き、静かな心になってくるのが不思議だ。時間を忘れて見とれるばかりでした。ここに御紹介できないのが残念!こちらでアクセスしてご覧になってみてください。

28日の日曜日はオフで見仏で思い切り羽を伸ばしたのだった。この日の模様は別枠で詳しく!!

9月29日、金澤英明(b)とのデュオツアー初日。朝一で大阪でレンタカーを借り、山口県は防府まで一人で走破。九州ツアーを終えた金澤さんと山口で落ち合ってツアー開始だ。防府の『Bird Land』はマスターの山田さんが経営するお洒落なジャズバー。これまで何度もお邪魔していますが、いつ来ても気持ちよく迎えてくださるのがとても嬉しく大好きな場所だ。今回もたくさんのお客様に迎えられ幸先の良いスタートとなりました。九州の佐賀から金澤さんを連れて来てくれたギターの辻さんも飛び入りして賑やかな防府の夜でした。

9月30日、防府を出発し広島の福山を目指す。途中、『錦帯橋』を見物しに寄り道。このツアーの楽しみは気ままに寄り道をするところにもあるのだ。こんなに立派な大きな橋とは思わなかったな。。。工事中だったのが残念だが、実際に渡ってみて、そのスケール感に感心したのでした。福山の『Jazz Spot DUO』は10数年ぶりの出演。マスターが亡くなって、娘さんが受け継いで頑張っているお店。アットホームな雰囲気の店内、記憶にあるピアノよりかなり調子が良い。よくメンテされているのだろう。今日は鬼才コントラバス奏者の溝入敬三さんが加わりツインベース。彼はここ福山のリーデンローズというホールの館長さんでもあるのだ。奇曲『タクシー』、忌野清志郎作詞の『Love Me Tender』、ラフマニノフの『ヴォーカリーズ』、『蘇州夜曲』などノンジャンルで自由に楽しく演奏しまくった一日でした!

10月1日、福山から、しまなみ海道を通って四国入り。松山を目指す。途中下車神社仏閣を求めるツアーはとどまる所を知らない。まずは瀬戸内海の大三島で大山祇神社を目指す。戦国時代からの武将達が刀や防具を奉納した神社で国宝がずらりと。。。源義経や弁慶が奉納した刀や薙刀が!!昼食は漁港近くのお店で瀬戸内の海の幸を。松山での宿泊はもちろん道後温泉の近くに取ってある。四国八十八ヶ所の51番札所の石手寺はテーマパーク感溢れる珍寺!二度目の訪問だがやはり凄い。雑多な感じでくらくらしてくる。写真だけではわかりにくいのだがどうぞ!
『Y's Cafe』は初めての出演。気さくなオーナー夫婦が経営するカジュアルなジャズカフェ。この日は地元のミュージシャンや学生さん達も多数来てくれてセッションも行われました。

10月2日、まずは道後温泉本館で朝風呂を頂き、四国内の移動、松山から高松へ。とどまる事をしらない我々は、香川県に入ると、寺とうどんを求めてうろうろと。まずは観音寺市の観音寺を目指す。ここは68番神恵院と69番観音寺が同じ境内に同居しているという珍しい形態。こじんまりと静かな境内、お遍路さんの読経と鐘の音が静かに響き渡る。香川と言えば讃岐うどんだが、本場ではお昼を過ぎると閉まってしまううどん屋さんがほとんどだ。やっとのことで開いているお店を見つけて入ったのは16時前。残り物でも美味しいおうどんでした!
高松『Speak Low』は夏にも来たばかり。実は今月はもう一度自分のトリオで高松に来る事になっている。今回は金澤さんの後輩のベーシスト宮本吉朗さん率いる『高松ジャズユニット』との対バン。トロンボーンカルテットの素晴らしい演奏、皆さん本業を持つ方ばかりとは思えないほどのレベルの高い演奏!最後は皆入り乱れてのセッションとなりました!

10月3日、松山〜和歌山へは徳島港からフェリーで。思い出せば一昨年の日野皓正(tp)バンドの夏のツアー中に頸椎を痛め、激痛に耐えながらこのフェリーに乗って和歌山へ渡りライブをこなした記憶が。。。。なんと今回は金澤さんが首を痛めてしまっているのだ。九州でやってしまったらしい。何の因果だろう?
海は穏やかだ。2時間程で和歌山港に上陸。本日は寄り道無しという珍しい日(笑)
『Take-5』は老舗のジャズ喫茶といった風合いの落ち着くお店。娘さんは、大阪音大のジャズピアノ科を卒業している関係でよく知っているのだが、彼女の実家でライブできるのはとても嬉しいことだ。
とても熱心で暖かいお客さんの前でラストの演奏をして燃え尽きました!有意義な5日間のツアーでした!金澤さん、お疲れ様でした〜!!またやりましょう!

10月5日、和歌山から新大阪へ運転し、レンタカーを返却して新幹線で帰路へ着く。が、その前に!!ということで和歌山の『根来寺』へ寄り道。。。というか、しっかりと組まれたスケジュールを最後までこなす我々二人であっただけだ。
新義真言宗の総本山。真言密教系の非常に広い敷地を持つお寺だ。パゴダ風な国宝の大塔、伝法堂、大師堂の三つのお堂は内部の天井のきらびやかさも含めて、素晴らしい仏像の数々。大塔の中心におわす大日如来は金剛界の印を結び、伝法堂の大日如来は丈六の素晴らしい三尊で智拳印を結ぶ。しばしその素晴らしいお姿に時間を忘れ見とれてしまった我々はツアーの最後を惜しむかのように境内をゆっくり散策して帰路についたのでした。

投稿者 石井彰 : 23:26 | ライブ | コメント (1) | -

ツアー開始です!


一雨ごとに秋が深まります。秋分の日も過ぎましたし、名実共に秋。芸術の秋、食欲の秋、スポーツの秋といろいろありますが、皆様どのような秋がお好みでしょう?

さて、秋のいろんなお知らせです!!

本日9月26日からツアーに出ます。まずはソロ。その後、金澤英明(b)とのデュオです。お近くの方、お時間のある方、是非お越し下さいね。


26(金) 姫路 『Layla』 石井彰 Solo Piano Live!!    
20:00 start m.c.¥3,000
姫路市立町71   079-224-9469


石井彰(p)金澤英明(b)Duo

9月29日(月)   山口県防府 『バードランド』  
090-4807-5175

9月30日(火)  福山『DUO』  ゲスト溝入敬三(b)
084-923-5727

10月1日(水) 松山『Y's Cafe』
089-933-5705

10月2日(木) 高松『Speak Low』
087-837-0777

10月3日(金) 和歌山『Take-5』
073-472-2636




〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•

さて、トピックスでも紹介させて頂きましたが、毎年秋の恒例Solo Piano Concertが、10月23日に開催されます。10年目を迎える今回は特別なゲストをお迎えしてお届けします。クラシックでは有名な王子ホール、響きにも定評があります。この素晴らしいホールで、ソロ、トリオ、カルテットとバラエティに富んだ演奏をお楽しみ下さい。

石井彰 ソロコンサート 2014  スペシャルゲスト 日野皓正(tp) 杉本智和(b) 江藤良人(ds)

日程:10月23日(木)
会場:王子ホール(銀座)
住所:東京都中央区銀座4-7-5
時間:19:00開場 19:30開演

前売り¥3,500 当日¥4,000(全席自由)
問い合わせ 090-9688-9550 (平嶋様)






投稿者 石井彰 : 02:19 | ライブ | コメント (0) | -

告知。

New Album『Endless Flow』をリリースして、3ヶ月弱。おかげさまで、たくさんの方に聴いてくださり、ご好評頂き嬉しい限りです。

ご購入は、AmazonDisk UnionCATFISH RECORDS、でも可能です。どうぞチェックしてみてください!!


FMでのオンエアもたくさんして頂きました。NHKFM『ジャズトゥナイト』、FM-JAGA、FM富山、新潟、徳島『MO'Cool Jazz』などでレコメンドいただきました。

そして今度の日曜日9月7日には、InterFM『OK Jazz with James Catchpole』で、取り上げていただくことになりました!

Sun. 23:30 - 24:30 DJ: James Catchpole 


「『OK Jazz』ってなんだ?」そう思ったら、すでにこのジャズワールドの心地よいグルーヴに引き込まれているはず!マイルズやミンガス、コルトレインにボビー・ハッチャーソン、グラント・グリーンはもちろん、シェイク・ローやカチャオ、チン・マイア、プリンス・ニコ・ンバーガにロード・キチナーなど、世界中の大物が作り出した音楽にどっぷり浸れる番組です。」(番組HPより引用)

この番組のファンの方も多いと思います。どうぞ聴いてみてくださいね!!

投稿者 石井彰 : 01:44 | ライブ | コメント (0) | -

九州ツアー。

もうあっという間に9月に入りました。だいぶ過ごしやすくなりましたね。

先月最終週は日野皓正クインテットの夏のツアー。最後は九州。長崎〜福岡〜大分〜熊本〜佐賀と、ぐるっと六日間。初日の長崎を終えると翌日は恒例のオフ。いつも町並みを歩いたりして長崎の空気を感じるのが楽しみだ!今年もお寺を少しお参りしたが、あまりの暑さにすぐギブアップ。。。

その後、各地でゆっくり散歩したりする時間は少なかったが、九州の雄大な空気、自然、食を満喫。日野バンドのまとまりも不動のものに!!非常に充実したツアーとなりました。

暑い日に始まり、雨が続いて涼しくなりましたが、帰る日の佐賀は秋晴れといった感じ。羽田に降り立った時、ここまで秋らしくなっているとは。。。。一週間での変化に季節の変わり目を実感。


投稿者 石井彰 : 12:42 | ライブ | コメント (0) | -

相模大野もんじぇ祭り


昨晩の日曜日は、地元相模大野での「食と音楽の祭り」で地域に根付いている『もんじぇ祭り』でのステージでした。暑さもピークは過ぎたとは言え、昼からのリハーサル、夜8時からの本番とむせ返るような暑さの中、大変盛りあっがたお祭りとなりました!

思い起こせば10年前。地元の音楽関係者、飲食店の発案で始まったこのお祭り。Fride Prideをゲストに呼び、三人のステージを行ったのが遠い昔のような気がする。

10回目を迎えた今回、類家心平tp 川村竜b 田中徳崇ds 川村祥史vo でのスペシャルセット、オリジナル〜スタンダード〜スティービーワンダーの曲etc.、そして最後は「上を向いて歩こう」などを演奏。演奏後には花火も上がり、行く夏を惜しみました。

昨年は「大野ジャズ」という大きなイべンとにも参加させていただいたし、地元がジャズに限らず、良い音楽で満ち溢れるのは素晴らしい事。これからも地元の素晴らしいフェスティバルの益々の発展を期待しますし、協力して行きたいと思います。

一つだけミュージシャン側からの要望を申し上げさせていただくなら、全国で開催されているこのようなジャズストリートやお祭りが「無料」が当たり前にならない事を祈ります。インターネットの発達で音楽を無料で聴くのが当たり前のようになってしまった昨今、良い音楽には、それ相応の代価が生じるのは当然であって。国から文化に対するリスペクトがほとんどないこの日本。お金を払って聴いて下さる事の有り難さを身にしみて感じます。これはもの凄くデリケートな問題で一言では片付けられない問題です。提供する側の努力が一番必要なのですが。。。。

今回の「もんじぇ祭り」には前方にかなり広い有料席スペースがあったのですが、そこはかなり空いているのですが、無料スペースには人で溢れているという状況。ステージから見ると、前方スペースがかなり空いてる会場での演奏は、どこか寂しさを感じるもので。。。(笑)主催者の意図はよくわかるし嬉しいだけに少々残念でした。

ともあれ、素晴らしいお祭りでした!!また来年もあるといいなあ。。。

投稿者 石井彰 : 01:47 | ライブ | コメント (17) | -

Dream Jazz Band!!

今年で10回目を迎えた世田谷区の中学生ビッグバンド「Dream Jazz Band」のコンサートが、17日、世田谷パブリックシアターで行われました。

当日のプログラムは、まずオープニングアクトを勤めたのはDream Jazz Bandの卒業生の高校生達によるOB Band「DJB plus+」。さすが高校生といった演奏!
彼らは、次の日曜日24日、私の地元のフェスティバル『相模大野もんじぇ祭り』に出演します!

そして第二部。金澤英明(b)副校長、西尾健一(tp)、多田誠司(as)守谷美由貴(as、)片岡雄三(tb)後藤篤(tb)、荻原亮(gt)小山道之(gt)、出口誠(p)、力武誠(ds)、グレース.マーヤ(vo)。この豪華メンバーによるバンドと日野皓正Quintet 日野JINO賢二(elb)石井彰(p)須川崇志(b)田中徳崇(ds)による演奏。

そして、「Dream Jazz Band」略して「ドリバン」。
日野皓正校長を初め、講師陣の指導、そしてOB有志のサポートスタッフの素晴らしい働きで、今年は例年以上の仕上がりになり、感動の一日でした。そして何よりも、彼らの一途な気持ちが一丸となり、もの凄いパワーが生まれました。中学生とは思えないような素晴らしいバンドでした!

思えば4月後半から始まり、初めて楽器を持つ一年生達も多数いるという状況。彼らは並大抵でない努力の成果もありますが、スポンジの様に貪欲に吸収し、急成長を遂げます。いつもながら思うのですが、若い脳の持つポテンシャルの大きさにはビックリ。。。

コンサート後には歴代のメンバー達も多数集まり、大同窓会!懐かしい顔の数々。。。伝統そして歴史が確実に生まれています。日野さんが言います。「我々は音楽を教えるのではない、人間としての礼儀を教えているだけだ。」と。コミュニケーションが取れなくなっている若者が多い昨今、ドリバンのメンバー達は音楽を通して今の社会に欠けている大切なものを知らず知らずのうちに学んでいたのです。

メンバーの皆さん、お疲れ様!!素晴らしい音をありがとう!!

そして、ドリバン運営を支えるスタッフ、卒業生達、コンサートのスタッフの皆さんお疲れ様でした!!

投稿者 石井彰 : 11:27 | ライブ | コメント (0) | -

プロモーションデー!そしてカルテット!

怒濤のツアーの7月もあっという間に終わり、8月に入りました。これからが暑さの本番なんですよね〜!!!

昨日7月最後の日はお昼からプロモーション活動に。ヤバいくらいの暑さでしたね!まずはDJ小川もこさんのラジオ番組『MO' Cool JAZZ』『GOOD DAY』にゲスト出演。アルバム『Endless Flow』の紹介をしていただきました。短い打ち合わせで、流す曲をピックアップして、番組の大枠を作り、ストップウォッチ片手にトークを巧みにリードして下さり、一発で時間ぴったりの番組を完成させてしまう神業にビックリ!!FM富山、FM徳島、FM新潟、FM-FUJI(山梨)でのオンエアですが、「Radiko」などのアプリでインターネットラジオ経由でもお聞きになれますので、是非チェックしてみてくださいね。

『MO' Cool Jazz 』
http://djmoko.com/radio/mocool/
http://mokojazz.ldblog.jp/
FM富山 9月21日(日)、28日(日)21:00〜21:55
FM徳島 9月27日(土)、10月4日(土)20:00〜20:55
FM新潟 9月27日(土)、10月4日(土)21:00〜21:55 

『GOOD DAY』
http://fmftp.weblogs.jp/good/
FM-FUJI 8月末〜9月中の水曜日の10:00〜15:54のOn Air中に!(まだ未定だそうです)

そして、番組収録後、CDを店舗で扱ってくださっている『disk union』の新宿店、お茶の水店へ挨拶に伺ってきました。どちらも好意的に扱って販売してくださっていて嬉しかったです!

http://diskunion.net/

この他、銀座『山野楽器』、福岡『キャットフィッシュレコード』でも購入できるようになりましたので、よろしくお願いします!


そして、プロモーション活動の後は御茶ノ水『NARU』で、カルテットのライブでした。類家心平tp 川村竜b のレギュラー陣に、ピンチヒッターのSebastiaan Kaptein ds。セバスチャンの繊細極まりないシンバルレガート、柔軟なグルーブ。新しい風をバンドに吹き込んでくれました!満員のお客様も喜んで頂けたことと思います。どうもありがとうございました!

次回の石井彰Quartet のライブは、8月12日(火)横浜『KAMOME』です。どうぞよろしくお願いします!


そして、今月号の『JAZZTOKYO』のサイトで2号続けて新譜についての評が掲載されました。ライターは望月由美さんです!来号にもインタビューの模様が掲載されるとのことで、ありがたい限り!

宣伝ばかりで申し訳ないです。。。。。けど、ジャズミュージシャンは何から何まで自分のことは自分でやらねばなりません。今回の作品は、いつになくセルフプロモーションを頑張って行動しているのが、少しずつ結果が形になって表れて来ていると実感しております。

それでは今日はこれでラスト!!自作のyoutube動画も是非ご覧ください。

http://youtu.be/z3ayCWl8IsY
http://youtu.be/VL7z4CLWAgs

投稿者 石井彰 : 00:51 | ライブ | コメント (16) | -

南郷サマージャズフェスティバル♪


梅雨明けと共に、もの凄い酷暑。。。皆様お元気でお過ごしでしょうか?

先週末は青森八戸へ。南郷ジャズフェスティバルは25回目を迎えました。3回目の出演かな。。。?

日野皓正h FACTORのステージは夕刻のうだるような暑さの中のステージ。2キロくらい痩せたんじゃないかというくらいの汗の量でしたが大いに盛り上がりました!

他にも寺久保エレナ4、大和田慧、TAKE6、デビッドマシューズオールスターズと豪華な面々が勢揃い。7時間に及ぶ熱い一日でした!

TAKE6は20数年前のデビューの頃から好きだったので、感激!メンバーの一人は前日にぎっくり腰になったにもかかわらず、ステージ袖まで車椅子で、そこから立ち上がって長時間のステージをこなしていたのを見て、プロ根性を見た思いです。

今月の日野皓正バンドの過酷なツアーもほっと一息ついた感じです。

投稿者 石井彰 : 01:30 | ライブ | コメント (3) | -

ツアー終了。


約3週間のツアー終えて帰京しました。終盤戦、名古屋〜大阪〜芦屋〜京都〜和歌山と各地で暖かいお客さん達に迎えられ、こちらも渾身のプレイで応え、夏のツアーは陽射しよりも熱く!!

終盤戦は日野皓正tp 石井彰p 日野JINO賢二elb 須川崇志b 田中徳崇dsというクインテット。名古屋のみ加藤一平gt dj honda が加わり、h FACTORというフルメンバーで。土曜日は青森の「南郷ジャズフェスティバル」でのh FACTORの演奏です!

長い移動と毎日の演奏で皆、燃え尽きたかのようになりましたが、心地よい充実感に満たされています。また8月末には日野クインテット九州ツアーです。

投稿者 石井彰 : 11:30 | ライブ | コメント (0) | -

ツアー大詰め。

暑さと湿気の高まりが相まって、もの凄い空気になってきた名古屋です。

今月3日から始まった日野皓正クインテットツアー、人呼んで『サバイバルツアー』非常に過酷なスケジュールとただならぬ緊張感を持ったステージ、そして車での長距離の移動。思えば、一昨年のこの夏のツアーで無理が祟って頸椎を痛めたのだった。今回は色々と若手が気を遣ってくれて、番頭さんは少し楽させてもらってもすので、なんとか無事にここまで来ました。


甲府〜静岡〜下呂温泉(オフ)〜名古屋〜岐阜〜高松〜松山(オフあり)〜広島〜倉敷〜名古屋〜金沢(オフあり)〜名古屋(オフあり)

書いてるだけで、凄い移動だなと感心してしまいます!!

今日はツアー中、唯一の『h FACTOR』でのライブは名古屋『Blue Note』での演奏が終わったところです。ここまで加藤一平のギター入りのクインテットでしたが、明日からは日野JINO賢二のエレベが入ってのクインテットで関西に参ります。

今回は写真が少なめですが、少しアップしましょう!どうぞご覧ください!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて、またまた告知ですが、先月行われた新宿Pit InnでのNew Album『Endless Flow』のリリース記念ライブの模様のダイジェストの動画を作ってYoutubeにアップしましたので、是非ご覧頂けたらと思います!なかなか動画作りも巧くなってきました〜なんて。。。。(笑)

類家心平(tp)杉本智和(b)川村竜(b)江藤良人(ds)

このメンバーでの今後のライブ予定は、

7月31日(木)    御茶ノ水『NARU』 類家心平(tp)川村竜(b)この日のみ、セバスチャン.カプテイン(ds)

8月12日(火)   横浜『KAMOME』   類家心平(tp)川村竜(b)江藤良人(ds)

8月24日(日)   相模大野『もんじぇ祭り』  類家心平(tp)川村竜(b)この日は、田中徳崇(ds)川村祥史(vo)


です。皆様是非お時間ございましたらお越し下さいね!!!

target="_blank">https://www.youtube.com/watch?v=VL7z4CLWAgs


新譜の評判もなかなか良く、嬉しい限りです。当初はレコード会社とamazonだけのネット販売、あとは手売りという人海戦術の予定でしたが、DiskUnionと山野楽器から入荷要請があり店頭販売も開始されました。Tower Recordからも問い合わせが来ているらしいですので、近日中に動きがあるかもしれません。とは言え、やはりお客様に直接買って頂けるのは嬉しいもの。毎日持ち歩いております。ご入用の方はライブ会場で気軽にお声かけていただけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いします!!

投稿者 石井彰 : 01:05 | ライブ | コメント (0) | -

ラジオなどのオンエア予定

大きな台風がやってきています。ただいま7/9 23:00。四国は松山にいます。

日野皓正クインテットのツアーはまだ前半一週間が終わったところ。あと二週間続きます。今日はオフ、道後温泉でゆっくりと疲れを落としたところです。


さて、本日からネットラジオの『JJazz.Net』で私のバンドのライブ音源がオンエアになっております。どなたでもお聴きになれますので、どうぞお気軽にお楽しみくださればと思います。約一ヶ月間オンエアされています。

JJazz.Net「Jazz Today - 石井彰 LIVE」

<番組コンセプト>
進化するジャズの姿を、リアルに体験する、Jazz Today。
拡張するジャズのイメージをとらえる、ライブシリーズです。
「JAZZ×JAZZ」・「JAZZ×CLASSIC」・「JAZZ×POP」・「JAZZ×ALTERNATIVE」。
セッションを繰り返し、アップデートし続ける音楽を、ライブならではの臨場感と共にお届けします。

今回は、透明感溢れる表現力豊かな演奏で
多くの人を魅了するピアニスト、石井彰のLIVEをご紹介します。

オリジナル曲を中心とするその演奏は、イマジネーション且つ生命力に溢れ、
今や日本屈指のピアニストとして知られています。
石井彰の描く世界を、色彩豊かに表現した 珠玉のジャズライブをお楽しみ下さい。

<放送期間>
2014年7月9日〜2014年8月13日(17:00まで)です。
*スマートフォンやタブレットでも聴くことができます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

もう一つ。これはNHK-FMの番組『ジャズトゥナイト』!!ジャズ評論家の児山紀芳氏の番組で、新作『Endless Flow』から2曲がオンエアされます。これはどの曲が選ばれたのか、私も知りません(笑)

7月19日放送(土曜日、夜11時〜午前1時)


http://www4.nhk.or.jp/jazz/

アルバム聴いてくれた方、まだお聴きでない方も是非オンエアチェックしてください。どのように児山さんのコメントがあるのかも楽しみです!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

もひとつ。

『JAZZTOKYO』というWebsiteで新作『Endless Flow』のレビューが載りました。


悠雅彦氏の読み応えある文章、これも非常に嬉しいです。望月由美さんによる文章も来月号に掲載予定です!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こちらもご覧ください!!!

https://www.youtube.com/watch?v=z3ayCWl8IsY

私自ら作成しましたYouTube動画です。

投稿者 石井彰 : 23:36 | ライブ | コメント (13) | -

新宿Pit Inn Live!!!明日です!!!


皆様こんにちは。先日リリースした新譜『Endless Flow』のPVを作ってみました。どうぞご覧下さい!!

明日はリリースライブが新宿『Pit Inn』であります。皆様のお越しをお待ちしています。

石井 彰 トリオ&カルテット
石井彰(p)類家心平(tp)杉本智和(b)川村竜(b)江藤良人(ds)
6月24日 開場19:30 開演20:00 ¥3,000+税(1DRINK付)

自己のトリオとしては10年ぶりの新作。今作では平行して活動するカルテットでの演奏も混在する作品となっている。トリオ、カルテットによる音空間、時間の絶え間無い流れを体験して欲しい。

投稿者 石井彰 : 18:21 | ライブ | コメント (16) | -

Endless Flow


本日6月10日、新しいアルバム『Endless Flow』発売になります!

「Amazon」
「ラルゴ音楽企画HP」

などから購入できますので、よろしくお願いします!!

石井彰 Trio & Quartet 類家心平(tp)杉本智和(b)川村竜(b)江藤良人(ds)

メンバーは、トリオとカルテットのメンバー全員を、楽曲の性格に合わせてシャッフル、2人のベーシストの共演もある。 瑞々しい印象のトリオ、カルテットのメンバーは、ジャズのみならず各分野で活躍する若きベーシスト、杉本智和、川村竜、トランペットにはエッジの効いたプレイに定評のある類家心平、そして、躍動溢れるドラムには長く活動をともにしてきた江藤良人が参加。
風景に寄り添うリリシズムから神の光を予感させるフリーまで、石井彰の世界が色彩豊かに繰り広げられる。 カバーアートにHappy ShootBOSSの素晴らしい写真が使われております。サウンドエンジニアは新宿Pit Inn の菊地昭紀氏。

なお、CDパッケージ内にはライナーノーツなどのテキストは含まれておりませんが、セルフライナーを、このHP内、及び、Studio TLive Records のHP
より閲覧、ダウンロードできるよう作成中です。こちらをご覧になり気に入った方、聴いてみたろうかいな〜と思われた方は是非お買い求め下さいませ。

本日13:30頃より、十勝の放送局「FM-JAGA」の番組「CROSSOVER TOKACHI」で、電話による生インタビューがございます。十勝近辺の方、是非聴いてみてくださいね!

投稿者 石井彰 : 01:15 | ライブ | コメント (0) | -

New Album Release!!!

三年ぶりのリーダーアルバムが6月10日に発売になります。トリオ&カルテットの渾身のアルバム、是非お聴き頂きたいと思います。どうぞよろしくお願いします!

『Endless Flow』(Studio TLive Records)Amazonで予約始まりました!!

発売記念ライブは、6月10日(火)高田馬場『Hot House』石井彰Solo
6月18日(水)横浜『KAMOME』
石井彰(p)類家心平(tp)杉本智和(b)川村竜(b)江藤良人(ds)
6月24日(火)新宿『Pit Inn 』☆今月号の表紙に抜擢されました!!
石井彰(p)類家心平(tp)杉本智和(b)川村竜(b)江藤良人(ds)
6月25日(水)神戸三宮『クレオール』石井彰Solo
6月28日(土)千葉稲毛『Candy』石井彰Solo

〜終わりのない夢想の狭間から 一筋の光明が射し、拡がる〜

日野皓正グループの不動のメンバーとしてすでに16年、石井彰のピアノは日本のジャズ界の一隅を担っている。その活動は、日野グループの他、ベーシスト金澤英明とのトリオ、安ヶ川大樹、大坂昌彦とのシーン・オブジャズ、そして自身のトリオ、カルテットと幅広い。
今回のアルバム『Endless Flow』は、ユニット録音として、前作「Embrace」から10年振り。1曲を除く全てが石井自身のオリジナル曲である。10年という歳月の間に得た人生観と成熟。趣味である写真を通して、仏像への造詣を深め、演奏旅行で訪れる日本各地の文化にも深く思いを馳せる。まさに、音楽活動を通じた経験の全てを投影して書き下ろされたオリジナル曲は、新たな音楽活動への希求に溢れている。
アーティストについて
メンバーは、トリオとカルテットのメンバー全員を、楽曲の性格に合わせてシャッフル、2人のベーシストの共演もある。 瑞々しい印象のトリオ、カルテットのメンバーは、ジャズのみならず各分野で活躍する若きベーシスト、杉本智和、川村竜、トランペットにはエッジの効いたプレイに定評のある類家心平、そして、躍動溢れるドラムには長く活動をともにしてきた江藤良人が参加。
風景に寄り添うリリシズムから神の光を予感させるフリーまで、石井彰の世界が色彩豊かに繰り広げられる。

投稿者 石井彰 : 01:57 | ライブ | コメント (0) | -

東北〜六本木〜東北!

日野クインテットの東北ツアーは今月20日から、水戸『B2』、いわき『Bar Queen』、福島『Mingus』、山形『Noizy Duck』、仙台『Nota Blanca』と終わり。爽やかな空気の自然に包まれて開放感を感じる一方、やはり「見えなくて、感じる事も少なく、匂いも味もしない恐ろしい放射線」の心配が心をよぎる。福島の方はどのように感じているのだろう。。。国に対する不信感、健康に対する不安。かといって、放射線の影響がどの程度出るのか現状では解らないので事態を静観しているように思う。

東北のお客さんは熱い!!我々の渾身の演奏に大きな声援と拍手で応えてくれる。こちらもさらに張り切るという良い循環が生まれる。口は重いが、内に秘める情熱をひしひしと感じる。

この愛すべき東北の人達が心から笑って暮らせる日が来るのを願って止みません。

昨日は六本木『STB139』のラストライブの為に一旦帰京しました。1998年オープン以来、幾度と無く出演させていただきました。毎年恒例のクリスマスの日野皓正バンドにスペシャルゲストを迎えての公演。。。。想い出が有り過ぎます。ヘレン.メリル(vo)、ジャニス.シーゲル(vo)との共演もありました。加山雄三さんとのスペシャルショーは幸せ一杯!この場所が無くなるのは非常に残念ですが、数々の伝説を生み出したライブハウスとして語り継がれ、人々の心にいつまでも残り続けるでしょう!!Never Forget STB !!

明日から後半戦。岩手〜青森〜秋田と参ります。

健康に気を付けて東北の皆様に良い演奏をお届けしたいと思います。

投稿者 石井彰 : 01:52 | ライブ | コメント (1) | -

May

長かったGWも終わり、通常生活に戻り。。。。。じゃない。休みも有りませんでした!!

しかし、ツアーの始まる直前直後に今年も行って参りました。

Keith Jarrett Solo

渋谷オーチャードホールは、もはやキースのホームグラウンド。よほど気に入っているのだろう。楽器もさることながら、響きも相当にお気に入りとか。今回はステージに反響板を設置し、クラシカルな音響を意識している。

4/30のプログラムはショートピースのインプロヴィゼーションのみ。普段はよくアンコールだけはスタンダードを弾いたりしていたのだが、全てインプロだった。よほどイマジネーティブなマインドだったのだろうと想像できた。

インプロの難しさは、その『楽想』を生み出し展開させるという事。例えば何かしらの曲についてインプロヴァイズするということは材料があり、それを自在に料理していくので、素材を調達する必要が無い。インプロの難しさは自ら『材料』をも『調達』というより『生み出さねばならない』ということだ。その材料の質によりインプロの出来不出来が大きく作用する。

キースほどの人になれば、どのような素材であれ、素晴らしい演奏になるのは当たり前。4/30は、それぞれのピースの楽想のテクスチャーにおいて素晴らしさが際立っていたと思う。とにかく美しく完璧にコントロールされたタッチ、展開、どれをとっても文句のつけようのない素晴らしい音の洪水に身を任せて至福の一時を堪能した!!

大阪ではハプニングが起きたらしい。。。。度重なる観客の無遠慮な咳、物音に何度も演奏を中断したらしい。最後もとどめの大きな咳にギブアップ、緊張感も切れてしまったらしい。

昨日、北海道ツアーから帰り、その足でまたコンサートに出かけた。観客も大阪の出来事は周知の事、開演前のアナウンスでは「静寂を共有するのをご協力いただけない場合は演奏を中止する場合もあります。」という脅しに近い(笑)文句まで飛び出し、物々しい雰囲気もあったかもしれない。

素晴らしいオープニング〜前半だったが、どこかしっくり来ない気がする。

『楽想』  そう、キースが最も得意とする、とんでもなく素晴らしい素材作りがうまく行っていない感じ。少し弾いて、自らパッと止めてしまうこともあった。明らかに前の楽想を引きずっていたからだった。そう聴いていると、やはり「この曲は前回のコンサートで聴いた楽想に似ているなあ。。。」と思える場面がしばしば。やはりキースも人間なのだ。天から音楽の神が舞い降りる日もあれば、待てども来ない日もあるだろう。この日のミューズは気まぐれだった。

とは言え、2部の一曲目の冒険心溢れるピースの素晴らしさは突出していたように思えた。アンコールは『サマータイム』まで飛び出したが、全体的に不完全燃焼だったのだろう。どこか寂しげな姿でステージを後にした。

とは言え、尊敬する素晴らしいキースの音楽に触れられる、生み出す場所、時間を共有できる喜びは大きいのだ。だから何度も足を運ぶ。

多分今回は全てライブレコーディングしているので、今回のドキュメントとして、ハプニングが起きた大阪での出来の良かったピースを聴いてみたい。キースは悪環境というか逆境に強い。そういう出来事の後で平気で神がかった演奏をするのだ!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

日野皓正スペシャルクインテットの北海道ツアーは本当に素晴らしい体験だった。札幌の故森田俊一さんを追悼するコンサートが札幌「道新ホール」で行われました。ジャズをこよなく愛し、根室でジャズ愛好会を立ち上げ、日野皓正、元彦兄弟との親交も厚かったし、札幌のジュニアビッグバンドに在籍していたころから、寺久保エレナ(as)、石若駿(ds)を応援していたといういきさつから今回のスペシャルなコンサートが実現した。私のトリオも応援していてくれたし、金澤英明トリオも応援してくれてCDのライナーまで書いていただいたのだから当然というメンバーだったのかもしれない。

その日はまるで何か凄い力で皆が突き動かされているかのような演奏が繰り広げられたのでした。そしてツアーは旭川『A.Evans』、網走『ちぱしり』とそのマジックはさらなる変化をバンド内に引き起こし、釧路『BAR BROS』で短いツアーは大円団を迎えました。

来年もこのバンドでツアーをやろうということに早速なってます!

投稿者 石井彰 : 01:12 | ライブ | コメント (4) | -

見仏な日々、そしてバンド!

季節外れの長雨です。明日は晴れるといいなあ。。。。

先週からは大阪音大の授業も始まり、また大阪通いが頻繁になってきたので、懐かしい土地を訪ねてきました。

小学校の6年生の夏休みに父の仕事の関係で川崎から兵庫県川西市に引っ越しをして転校生となった。その後、大学2年生まで川西市に住んだわけだが、その後ほとんど訪れることもなくなった。先週火曜日、思い立って神戸のライブ前に立ち寄ってみることにした。

中学校のバレー部時代にランニングで来ていた「満願寺」というお寺を、ある本で読んで、知る人ぞ知る素晴らしい仏像の数々があるということを知ったからでした。春の暖かな陽射しの中、懐かしい土地を訪れ、素晴らしい自然と寺と仏像を堪能したのでした。

もう一寺と欲張り、清荒神へも足を伸ばした。山門をくぐり、左は清荒神、右は清澄寺と完全に分かれている。神仏習合なのか神社と寺が隣同士仲良くなったのか?!

神戸『クレオール』でのソロも、お寺巡りのおかげか、新鮮な気持ちで演奏できました。次回6月25日(水)に、また『クレオール』でのソロが決まりました。とても響きの良い開放感溢れる空間でのソロに是非お出かけ下さい。

先週は日野皓正バンドの本格的なライブも始まり、熱いライブを三日間たっぷりと。今年もエネルギッシュに参ります!来月は北海道、東北とツアーですので、どうぞよろしくお願いします。


今週月曜日は鎌倉『ダフネ』でのライブでしたので、その前に鎌倉探索を。しかし生憎の雨。。。。駅の近くを少しだけと思いましたが、北鎌倉の方の扇ヶ谷というとても閑静な谷間にある「海蔵寺」に吸い寄せられて歩きました。ここは素晴らしかった!!何というか、端正な佇まいのお寺。決して華美ではなく、ひっそりとある。決して大きくない仏殿(薬師堂)には小さいながらも素敵な薬師三尊と十二神将。そこだけが僅かながらにスポットを浴びるかのように、ふっと浮き上がっている。そばには十六井戸という窟の中の井戸があり観音菩薩が祀られ、庭にも控えめに観音様が佇む。

全て美を控えめに主張している。。。というか、ただ有るという感じだ。それが絶妙なバランスを持つ。要するに非常に居心地が良く、気に入ってしまったのだ。雨の鎌倉も良いものです。

そして本日、横浜『KAMOME』で久しぶりのMy Quartet!!今日は色々新曲にチャレンジした一日、類家心平(tp)川村竜(b)江藤良人(ds)素晴らしくパッションと深さを持ったプレイを聴かせてくれました。雨の中、聴きに来て下さったお客様、どうもありがとうございました!

新しいアルバムの制作も大詰め、今月中には音が完成、そしてプレスされ、ジャケットのアートが決まり、完成するわけです。苦手なタイトルのネーミングも着々と進み、ほぼ形が見えてきました。またこちらでお知らせする日が近いと思います。

6月10日発売ニューアルバム、どうぞよろしくお願いします!!!

発売記念ライブは、新宿『Pit Inn』と横浜『KAMOME』で行いますので皆様是非いらしてください!!

石井彰 Trio&Quartet&More New Allbum発売記念ライブ  類家心平(tp)杉本智和(b)川村竜(b)江藤良人(ds)

6月18日(水) 横浜『KAMOME』 19:00 open 20:00 start m.c. \3,500
横浜市中区住吉町6-76 045-662-5357

6月24日(火)新宿『Pit Inn』 19:30 open 20:00 start m.c. \3,000 /1drink付き
新宿区新宿2-12-4アコード新宿B1 03-3354-2024

投稿者 石井彰 : 02:17 | ライブ | コメント (13) | -

Spring is Here!!

4月に入り、桜も猛烈な勢いで咲きましたが、このところの雨で長続きしない感じなのでしょうか。。今日明日も寒波ですしね。なかなか良いタイミングでゆっくりお花見とはいきませんでした。

ニューレコーディングも終わり、ミックス作業〜カバーアートの作成も順調に進んでいます。6月10日にStudio TLive Recordsより発売予定ですので、皆様に是非お聴き頂きたいと思います。

ジャケットにはリーダー作としては『初!!』の、本人登場です!!

来週からは気候も戻り暖かい春の陽射しが戻るでしょう。お奨めライブ、是非お越しくださいませ。


4月のお奨めLive

7日(月)大塚『Greco』 Duo with 杉本智和(b)
19:00 open 20:00 start m.c.\3500(季節の一皿付き)
03-3916-9551
     ※雪で中止になったバレンタイン企画のリベンジです!

9日(水)お茶の水『NARU』 石井彰Trio 杉本智和(b)池長一美(ds)
19:30 start m.c.\2,500
03-3291-2321
※珍しい組み合わせのトリオです。

10日(木)銀座『Swing』 Swing Session 石井彰(p)纐纈歩美(as)
鈴木央紹(ts)安カ川大樹(b)橋本学(ds)
18:45 start
※私のバンドではありませんが、リーダーを仰せつかりました。

15日(火)神戸三宮『クレオール』 石井彰 Solo Live
19:30 start m.c.\3,000/予約 \3,500/当日
      078-251-4332
      ※アコースティックの響きが素晴らしいスペースです!久しぶりのソロ、楽しみです。

17日(木)目黒『ブルースアレイ』 日野皓正 h FACTOR dj honda
    日野JINO賢二(eb)石井彰(p)須川崇志(b)田中徳崇(ds)
19:30 start \6,500 当日\500up
※hFACTOR、久しぶりの東京公演です!

22日(火)横浜『KAMOME』 石井彰 Quartet 類家心平(tp)川村竜(b)江藤良人(ds) 
19:00 open 20:00 start m.c.\3,500
045-662-5357
※レコーディングメンバーによるカルテット!新曲もお送りしたいと思います!

投稿者 石井彰 : 20:58 | ライブ | コメント (1) | -

Trio @ Motion Blue Yokohama


後一息で春も本番を迎えそうですね。花粉症の症状も徐々に。。。。楽しみでもあり、大変でもある季節です。

3月13日、風雨が凄く悪天候でしたが滞り無くライブは行われました。杉本智和(b)江藤良人(ds)というメンバーでは初のMotion でのライブ。録音を終えたばかりの新曲4曲を含め、かなり良い感じのトリオになってきたなと思います!

より自由に、より深く。


今月は25日(火)に吉祥寺『Sometime』にて同じメンバーによるライブがあります。どうぞいらして下さい!

3月25日 吉祥寺『Sometime』 19:45 start m.c.¥1,800

石井彰(p)杉本智和(b)江藤良人(ds)

投稿者 石井彰 : 01:20 | ライブ | コメント (4) | -

春到来。


自宅の回りにはまだ雪が残っていますが、陽射しは確かに春の暖かみを感じられます。もう3月に入りました。

先月後半は日野皓正バンドで久しぶりのスキー場でのライブ。演奏とスキーで大興奮!!3年ぶりのスキー、少し忘れていましたが、堪能して参りました。

そして先月末にはリーダー作のレコーディング後半を!昨年11月にカルテット(類家心平tp、川村竜b、江藤良人ds)〜ツインベースクインテット(杉本智和b)を録音していたのですが、残りのトリオ(杉本智和b、江藤良人ds)のテイクとカルテット(類家心平tp、杉本智和b、江藤良人ds)を5曲録音して参りました。ほぼ全曲が新曲になります。久しぶりに作曲にも力が入りました!!これから編集作業に入り、デザインなども詰めて行き、6月の頭にはリリースされる予定です。是非聴いて頂きたい力作になると思います。乞うご期待!!


さて今月3月のお勧めライブは〜

3月13日(木)

横浜赤レンガ倉庫『Motion Blue Yokohama』

石井彰 Trio 杉本智和(b) 江藤良人(ds)

open_5:30pm / showtimes_7:00pm & 9:00pm
自由席 ¥3,600(税込)
BOX席 ¥14,400+シート・チャージ ¥6,000 (4名様までご利用可能)

〒231-0001
横浜市中区新港一丁目1番2号 横浜赤レンガ倉庫2号館3F
045-226-1919


録音したばかりの新曲を交え、濃密な音をお届けしたいと思います。春先の横浜港の潮風を感じるのも一興でしょう。皆様のお越しをお待ちしております!!



その他にも、

3月8日(土)  銚子『酒論たかしま』  9日(日) 佐原『ギャラリー卯兵衛』
金澤英明(ds) 石井彰(p)Duo

3月10日(月)  目黒『Bluse Alley Japan』
Scene Of Jazz 石井彰(p) 安カ川大樹(b) 大坂昌彦(ds)

3月23日(日) 青山『Body and Soul』
日野皓正(tp)Quartet 石井彰(p) 須川崇志(b) 田中徳崇(ds)

3月25日(火) 吉祥寺『Sometime』
石井彰 Trio 杉本智和(b) 江藤良人(ds)

等々、楽しみなライブがあります。どんどん暖かさが増して来る3月。皆さん、ジャズを楽しみにでかけましょう〜!!お待ちしております!!

投稿者 石井彰 : 00:51 | ライブ | コメント (6) | -

二週続けての。。。。

昨日の夜の神奈川県地方は横殴りの粉雪でみるみるうちに豪雪地帯のような景色になってしまいました!!

本日も天気は回復したものの、交通状況の不安定さ、歩く事もかなり危険な道路状況ゆえ、北千住「バードランド」の金澤英明(b)デュオのライブは中止させていただくことになりました。

また日を改めて、再演をということになりましたのでお知らせ致します。

先週に引き続きライブ中止は非常に残念な事ですが、仕方ないことですね。お客様の安全が第一ですので、雪の心配が無い時期にやります。

どうぞよろしくお願いします!

投稿者 石井彰 : 15:48 | ライブ | コメント (46) | -
<< 2018年10月  
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Categories