譚歌チャンネルコンサート

あまりに久しぶりのブログ更新となりました。皆様、暑中お見舞い申し上げます。

僕は7月末にとうとうコロナにかかってしまい、軽症で済んだものの疲れやすく身体に力が入りにくくなるという影響?に悩まされていますが、今までよりも更にゆっくりしたペースを保持せよ〜という身体からのメッセージだと受け止めて、のんびり行こうと決めました。

さて、今日は大きなお知らせが二つ。

開設から2年が経ちご好評頂いております『譚歌チャンネル』。いつもYoutubeでお楽しみ頂いている
事と存じますが、この度『譚歌チャンネルコンサート』と題しまして、1回こっきりのスペシャルコンサートを行います。

『譚歌チャンネルコンサート』
2022年9月7日(水)
18:30開場 19:00開演
「杉並公会堂 小ホール」
東京都杉並区上荻1丁目23−15

「譚歌Duo」金澤英明(b)石井彰(p)
ゲスト:峰厚介(ts)吉田美奈子(vo)八木のぶお(harm)秋山一将(gt)大友良英(gt)安田芙充央(p)太田恵資(vn)吉田秀(cb)
津上研太(as)MITCH(tp,vo)石若駿(ds)

主催:株式会社ラルゴ音楽企画

チケット販売:チケットぴあ Pコード:224068 ※8月10日開始
¥8000(税込) 全席指定


遠くの方には本当に申し訳ありません。コンサートの規模上、配信、DVDなどの販売も予定がありません。どうぞ9月7日杉並公会堂へお越しください!!!!!よろしくお願いします!!!!!!!!

宣伝ティーザー動画も作りました。どうぞご覧くださいませ。

さてもう一つは、『Boys 結成15周年』のお知らせです。「Boys10」を発表してからもう5年も経ったのか!?という感覚であります。近年めっきりライブの機会が少なくなったBoys 金澤英明(b)石若駿(ds)石井彰(p)ですが、去る4月『Blue Note Tokyo』に於いて吉田美奈子(vo)さんをスペシャルゲストにお迎えし、記念公演を行ったばかりですし、「Boys15(仮題)」制作中です。

そして9月3日に『保谷こもれびホール 小ホール』におきまして「Boys Festival」が昼夜通して行われます。
昼間のゲストは主催者の株式会社ラルゴ音楽企画代表でありヴォーカリストの多田鏡子氏、夜のゲストは若手を代表する素晴らしいギタリスト井上銘氏をお迎えしてお送りします。
Boysの軌跡をどうぞご堪能ください。

投稿者 石井彰 : 14:57 | ライブ | コメント (28) | -

2021年下半期総括!!

10月からブログも更新せず、気が付けば大晦日。。。今年も1年いろいろな新しい試みや自分を見つめ直す機会があり目まぐるしい年となりました。大きな身体的なトラブルもなく年を越せそうです。応援頂いた皆様には本当に大きな感謝しかありません。有難うございました!!

10月13日のソロピアノコンサート『感傷会』には沢山の方に聴いて頂くことが出来ました。
3年ぶりとなったホールでのソロ。自分をじっくり見つめ直すには最高の機会でした。
初めての「目黒パーシモンホール小ホール」はピアノの調子、調律も万全で臨みました。
自分が難病と共に生き、これからの活動もまだまだ行けるなと確信が見えたと同時に、課題や問題点も明確に見えて来ました。もっともっと音を選び奏でる密度、精度を上げ、よりシンプルに、
より深く。音楽の道には終わりがありません。煩悩を捨て去り無心の境地には遠い道のりがあります。それを実感できたかと微かに感じれたのは、11月16日の新宿「Pit Inn」での金澤英明さんとの譚歌Duoのライブの時でした。音楽が自然に進んで行き、その流れに自分の意思がありながらエゴを捨てて行けていると今までにない感覚を覚えたということを告白します。
エゴの塊であるソロピアノに、その感覚で臨めるまでにはまだまだ修行が必要。自分を証明しようとせずとも自然と音楽を生み出せるには人間の成熟しかありません。来年というかこれからの目標はこれしかありません。こういう事を考えている事自体がその目標に反しているのですけどね(笑)

『感傷会』のセットリストをここに記します。

1st
Liebeslied(Kurt Weill)
Imagination(Van Heusen)
Moon River(Henry Mancini)
Embrace(Akira Ishii)
Sometime in The Snow(Akira Ishii)

2nd
七月のマリー(Akira Ishii)
Azan(Akira Ishii)
Blossom(Keith Jarrett)
Waltz For Debby(Bill Evans)〜For Bill(Akira Ishii)
Nardis(Miles Davis)
Feelings(Morris Albert)

小さな空(Toru Takemitsu)


このコンサートは録音され当初なんらかの形で発表しようと考えていましたが、ノイズなどの問題点が多く、完全な形での発表ができそうにありません。近々僕のYoutubeでなんらかの形で少し発表するかもしれません。お楽しみになさってくださいね!!


自分のバンド『Chamber Music Trio』『Quadrangle』は演奏回数はさほど多くなかったものの、濃密な変化を遂げています。

須川崇志(vc)杉本智和(b)との「Chamber Music Trio」は、オリジナル曲の割合が8割を超えた感があります。このバンドの為に曲を書こうという意欲が止まりません。「Silencio」の発表から4年が過ぎようとしていますが、成熟度は凄まじく、手前味噌ですが大きな変貌を遂げています。
そろそろ次の作品が作りたくなって来ています。来年2月17日には渋谷「公園通りクラシックス」でのライブがありますので是非聴いていただきたく存じます。

「Quadrangle」。水谷浩章(b)池長一美(ds)とのリズムセクションに石井智大(vn)を加えたカルテット。当初から「四次元的四角形」という立体的を超えた四角形を目指したカルテット。それぞれの個性は凄まじく幽玄な音世界が広がるバンドになりました。僕のオリジナルに留まらず、水谷浩章、石井智大が意欲的にオリジナルを提供してくれるのが嬉しく。自分のバンドというより、バンドとして成長して行っている。こちらは来年1月18日に吉祥寺「サムタイム」でライブがありますので、是非実感して欲しいと思ってます。

今年の1番のトピックスは何と言っても吉田美奈子さんとの活動がいよいよ本格始動したという事に尽きます。2016年の熊本震災チャリティーアルバム「SHINJUKU MADNESS」での共演がきっかけとなりご縁を頂いたのですが、昨年秋の「石井彰スペシャルカルテットfeat.吉田美奈子」のツアーで大きく前進。今年はGWの「吉田美奈子と低音楽団」(目黒Blues Alley Japan)公演を経て年末12月15日の杉並公会堂での完全アコースティックコンサートまで漕ぎ着けたのです。
吉田秀(年末は溝入敬三)、吉野弘志、金澤英明という3人のコントラバス奏者とピアノを従えあまりにアーティスティックな美奈子さんのパフォーマンスは圧倒的であったとしか言いようがありません。杉並の直前に大阪で「East (太陽と月)West」というイヴェントに参加した際はこのバンドに石井智大(vn)を加えたスペシャル低音楽団として出演したことは、低音楽団の可能性が見えた有意義な事でした。来年のこのバンドの発展が楽しみでなりません。

そして『吉田美奈子with譚歌duo』。この秋から大きなステージを経験し、ユニットとして固まりつつあります。来年5月6月には東海、関西、山陽、四国、九州への大きなツアーが予定されています。これは本当に大きなステップアップになると確信しています。どうぞご期待下さい!!

美奈子さんともよく話すのですが、ゆったりと情感込めて音楽を奏でる事の大切さ、求めている音楽への共感が深く、ごく自然に音楽が作って行けるのです。元々大きく激しく速い音楽に自身の違和感というか重きを置いてこなかった自分の本質。美奈子さんも体調万全な身体ではないのでツアーでもペースを考慮せなばならないといった事も、自分のペースと合うというのもあります。
これから音楽人生の終盤に向けての課題〜冒頭に書いたような目標にピタリと合致するのは運命としか言いようがありません。とても明るい未来だと思っています!!

これに加えて『譚歌チャンネル』!!昨年4月に爆誕したYoutubeチャンネルは予想外の盛り上がりを見せ、狭い世界ですがジャズ界でも注目される事となったのは大きな喜びです。出演希望されるミュージシャンも多く、嬉しい悲鳴を上げております。現在年末年始のお休みを頂いておりますが、すぐに復活致しますので、こちらもお楽しみに!!

長々と綴って参りましたが、とにかく体調管理、スケジュール管理を今まで以上にしっかりして、来年2022年も誠実な音楽を奏で続けたいと思っております。まだ書けない素敵なトピックスも幾つかありますので、このブログ、そしてFacebookページのチェックをよろしくお願い致します。


                 2021年12月31日  石井彰


投稿者 石井彰 : 19:40 | ライブ | コメント (547) | -

久しぶりのソロコンサート!!

今改めて思うのは、自分の音楽のモチベーションは「センチメンタル」という、ある一種の心の温度感や色感なんだと思う。後ろを振り返る懐古主義的なものではなく、人間が生来、心の奥底に秘めている愛や慈しみの、喜びや哀しみ。自分が音楽に身を浸している時にこういった気持ちに突き動かされ、自分では無い何か他の大きな力に導かれているような感覚に襲われる時がある。だからそういった時は冷静に音楽ができないでいる。ある意味、なすがまま、その力に委ねてしまう。その先にある境地に行こうとする本能。

何年振りかにホールで自分の内面に向かう時がやって来たと感じている。このコロナ禍でやるべきか、止めるべきか。僕にはあまり悠長に構えている時間はそんなに無い。


そんな訳で、来る10月14日の木曜日、『めぐろパーシモンホール 小ホール』でソロピアノコンサートを開催します。


『感傷会』


自分の力で開催するのはこれが最後かもしれません。もっと出来たら良いんですが、これが最後という覚悟で音楽をするというのはとても大切な事だと思っています。
是非、見届けて聴き届けて下さい。




10月14日(木)  18:30 開場  19:00 開演  チケット \3,000 全席自由席
『感傷会』
石井彰 ピアノソロ

主催・株式会社ラルゴ音楽企画   協力・MIMIMI RECORDS
チケットお申し込み・synchronicityakira@gmail.com までメールよろしくお願いします。もしくは石井彰本人からライブ開場等でお買い求め下さい。

投稿者 石井彰 : 03:09 | ライブ | コメント (3) | -

夏真っ盛り!!!

8月!!!大好きなワクワクする夏!!!

。。。。。のはずが。ここまで来てしまったコロナの渦。それとは全く違う世界で行われる
五輪。国民全体がそうだとは言わないが、反対の声を聞かず医療従事者に大きな責務を負わせ、コロナの重症者しか救えなくなった政策に絶望を感じている人も少なくないでしょう。
始まってしまったのだから、アスリートを応援し、熱狂しましょう!という雰囲気に違和感を感じる僕がいます。「ステイホームでアスリートを応援しましょう」という国民に対するメッセージ。僕は元からスポーツ観戦という趣味がありません。子供の頃、スポーツが苦手で観戦するのも嫌いだという人も多いと思う。国民は黙ってオリンピックをテレビで見ておとなしくしていろ。そしたら感動して政権も安定するだろうという目論見は言語道断。我々は舐められ切っているのだなと痛感します。
パーティーで楽しく酔いしれ、踊って現状を忘れ、パーティーが終わった後の寂しく残されたゴミの山の会場を見て「ああ、無理して五輪開催して良かったな!」と思える人がいるのか甚だ疑問です。後片付けをするのはIOCやオリンピック委員会ではなく国民に押し付けられるのでしょう。

我々ミュージシャンはこういう社会の流れで苦汁を飲まされる側にあります。もう体をなしていない緊急事態宣言のおかげで、これからまたどんどん中止延期のスケジュールが出てくるのでしょう。時短営業の要請をきっちり真面目にしたがっているのは紛れもなくライブハウスでしょう。この状況から脱出した時に余力が残っているのでしょうか。。。?



さて、こういった絶望的な状況下、僕らミュージシャンはしぶとく生き残り、頑張って行くだけです!!今月からとても楽しみなツアーもあります。


まずは超スペシャルなイヴェントツアー
『Music For The Future』
日野皓正クインテット・吉田美奈子 with 譚歌duo Live Emotion


とうとう吉田美奈子さんと譚歌の夏ツアーが始まります!!

出演:日野皓正クインテット 日野皓正(tp)/加藤一平(gt)/高橋佑成(pf)/
Marty Holoubek(b)/高橋直希(ds)
   吉田美奈子 with 譚歌duo 吉田美奈子(vo)/石井 彰(pf)/金澤英明(b)

【スケジュール】
8/19(木) いわき市 いわき芸術文化交流館→10/24(日)に延期されました!!
      18:00 Open/18:30 Start
      前売 \5,000 当日 \5,500
      問合せ:Bar QUEEN 0246-21-4128

8/20(金) 福島市 ふくしん夢の音楽堂 小ホール→10/22(金)に延期されました!!
      18:00 Open/18:30 Start
      前売 \6,000 当日 \6,500
      問合せ:MINGUS 024-522-5341

8/21(土) 高畠町 高畠町文化ホール
      18:30 Open/19:00 Start
      前売 \5,000 当日 \5,500
      問合せ:Jazz triangle 090-3755-0981(高橋)

9/14(火) 秋田市 アトリオン音楽ホール
      17:30 Open/18:30 Start
      前売 \5,500 当日 \6,000
      問合せ:THE CAT WALK 018-865-6699

9/15(水) 盛岡市 盛岡市民文化ホール 小ホール
      18:30 Open/19:00 Start
      前売 \5,000 当日 \5,500
      問合せ:すぺいん倶楽部 019-654-2055

9/17(木) 多賀城市 多賀城文化センター 大ホール
      17:30 Open/18:00 Start
      前売 \5,000 当日 \5,500
      問合せ:ハリサンカフェ 022-367-0516

吉田美奈子 with 譚歌duo in はちのへ

出演:吉田美奈子 with 譚歌duo  吉田美奈子(vo)/石井 彰(pf)/金澤英明(b)

【スケジュール】
9/16(木) 八戸市 八戸ポータルミュージアム はっち シアター2
      18:30 Open/19:00 Start
      前売 \5,000 当日 \5,500
      問合せ:アプローズ 011-272-2221



自分のバンドも頑張りますよ〜!!『Chamber Music Trio』『Quadrangle』のライブも今月はあります。

8月6日(金) 『Quadrangle』石井彰(p)石井智大(vn)水谷浩章(b)池長一美(ds)
壱岐坂「Bon Courage」 18:30 open 19:00 start

8月17日(火) 『Chamber Music Trio』石井彰(p)須川崇志(vc)杉本智和(b)
渋谷「公園通りクラシックス」
19:00 open 19:30 start


両バンドとも、そのバンドの為のオリジナルを極めて行きたいなと思っています。油の乗り切ってきたバンドサウンドで熱い夏の夜の「漆黒のロマン」「4次元的四角形」という少しミステリアスで深く甘美でセクシーな音楽に酔って頂きたい。


そんな想いでいっぱいな今日この頃です。皆様、熱中症やコロナには十分にお気をつけ下さい。お元気にライブ会場でお会いできますように!!

投稿者 石井彰 : 18:52 | ライブ | コメント (0) | -

早くも今年下半期に突入。TOPICS 3連発!!

今年も半分があっという間に過ぎ去ってしまいました。長らく、半ば冬眠状態で思うように展開して行けなかった活動も、エンジン全開の2021年下半期にして行ける目処が立ってきました!!

そこで、TOPICS 3連発!!

その1。今年は久しぶりに「ソロコンサート」やります。10月14日(木)目黒パーシモンホール(小)にて!!

2018年10月に行った「Solo&Chamber Music Trio」(永福町sonorium)以来3年ぶりとなるホールソロコンサートです。初めて立つ目黒パーシモンホールのステージが楽しみでなりません。チケット情報などまだ未定ではございますが、どうぞチェックして下さい。10月14日(木)の夜です。

その2。オンラインレッスン始めます。

これまでも細々と続けていた自宅レッスンですが、このコロナ禍で在り方の変化を求められるようになったと思います。今年から実験的にzoomによるオンラインレッスンを実施してみましたが、案外うまく行くことがわかりました。これにより、遠くにいる生徒さんとも気軽に安心してレッスンができると思っています。お気軽にお問い合わせ下さい。
こちらから詳細ご覧下さい。

その3。吉田美奈子さんとの活動がいよいよ本格的に。

熊本地震チャリティーアルバムでご一緒して以来、細々と続いていた吉田美奈子さんとの共演の機会は、今年に入り大きく躍進しました。ゴールデンウイークの「吉田美奈子と低音楽団」、先月の「譚歌Duo with 吉田美奈子」は素晴らしい体験でした。僕が若い頃一時期、吉田美奈子さんをよく聴きハマっていたので、この喜びはご想像頂けるかと思います。
来月から8月9月11月に不定期ですが、「譚歌Duo with 吉田美奈子」でツアーが決定しております。これはなんと「日野皓正クインテット」とのダブルビルでのツアーで、今年の大きな目玉になるかと!!詳細お持ち下さい!!そしてなんとなんと、12月15日(水)には「吉田美奈子と低音楽団」のコンサートが杉並公会堂で行われます。こちらもチェックしてくださね!
ゴールデンウイークの「吉田美奈子と低音楽団」@BAJの模様はこちらでご覧になれます。


以上今年下半期のTOPICSでした。昨年今年の激動期はマイナスばかりではなく、こういったプラスの面も起こった良い意味での転換期だったのだなと後々思えるようにしていきたいと思っています。
2年目に突入した「譚歌チャンネル」、近年の新しいプロジェクト「Quadrangle」「12本の弦と5人の男」、そして大切にしていきたい「Chamber Music Trio」


体調管理を第一にスローペースですがまだまだ焦点を絞ってやって行きます。どうぞ今年下半期もよろしくお願いします!!

投稿者 石井彰 : 13:45 | ライブ | コメント (0) | -

譚歌ツアー2021 終了のご報告。


譚歌ツアー、無事終了し帰って参りました。帰って2週間が経ちましたが体調も良いので一安心。
ほとんどライブもなく、自粛生活に入っています。

ツアーに行く前は、「この時期に東京から遠征。。。迷惑がかからないのか?」 「お店の方々も無理をされていないだろうか?」 「そもそも、お客様が集まってくれるだろうか?」
と自問自答の日々でした。

全ての事は杞憂に終わりました。「このような時期だからこそ、来てくれて嬉しい!」という言葉を
頂くたびに、胸が暖かくなり、人と人との繋がりの大切さ、音楽のパワーを感じずにはいられませんでした。

ツアーに出て良かった。音楽を諦めずに発信し続けて良かった。


今、僕たちミュージシャンは、時短営業の中で細々とライブをたまにやるということしかできず、昨年春と同じような自粛生活を余儀なくさせられています。昨年の春の状況下で生まれた『譚歌チャンネル』『譚歌さんぽ』は、おかげさまでご好評いただき続けることができ、この1年はこれに救われています。


今年の非常事態宣言もあと少しで解除になるとは思いますが、音楽ライブの状況がすぐに元通りになるとは到底思えません。僕は音楽以外のスキルも身につける時期と思い、動画編集もだいぶ慣れました。
この次はと手に付けてみようと思っているのは、DTM。いわゆるコンピューターを使った音楽制作です。
以前にも中途半端に手を出したこともありましたが、自身の病気の事もあり、長く音楽を作って行くには
この分野にも真剣に取り組むべきだなとは思っていましたが、今その時ですね。

写真と音楽をコラボさせた作品作り。これが一つの目標です。しっかりとした納得の行くものが作れるように
なったら、更に欲が出てくると思ってます。


まず、今回の譚歌ツアーのご報告の意味を込めて、旅のスナップをショートムービーにまとめ、自作の音楽作品(このムービーの為に作ったもの)を付け加え作品に仕上げました。

ご覧頂ければ幸いです!!!


https://youtu.be/3-C0N13sR4k


まだまだ写真と音楽のバランスが取れていないとは思いますが、数を重ねれば色々と見えてくるのでしょう!

投稿者 石井彰 : 01:53 | ライブ | コメント (5) | -

譚歌U とうとうリリース!!

『譚歌U』がとうとう発売されました!!昨年中に発売の予定が、工場の日程遅れからずれ込み、1ヶ月遅れですがやっと日の目を見る事が出来ました。

このような状況下ですが、ライブ会場での販売、もしくは通信販売にて承ります。

ご希望の方は下記までメールをお願いします。

cdtanka2.2021@gmail.com  (譚歌事務局)


金澤英明(b)石井彰(p)の『譚歌U』。古今東西の心にグッと来る曲をジャズという言葉で一括りに出来ない、正に「譚歌ミュージック」に昇華された演奏を是非お聴き下さい。


この新作を携え、今月21日からツアーに出ます。緊急事態宣言が11県に発令され、悩んでおりますが、
1、我々はツアーに行き、皆さんに直接音楽をお届けしたい。
2、お店側に我々が行動を起こす事で迷惑がかからないか。
3、お客様が今の時期、ライブを望んでいるか。

この3つが同じ方向にポジティブにエネルギーが向いているかを鑑みて決定したいと思います。当初の予定から3会場からは中止したいとの申し出があり、それは尊重したいと思っています。我々は1月14日現在、70%くらいの気持ちで決行しようと思っています。あと1週間、どのように状況が推移して行くのか。冷静に見極めます。


1月21日 豊橋『Grotta』  0532-54-1762
1月22日 京都『Bonds Rosary』 075-285-2859 18:00 start
1月24日 福岡『Bar柑』 092-555-2829  15:00 start
1月25日 佐賀『シネマテーク』 0952-28-6708  19:30 start 
1月27日  熊本『おくら』 096-325-9209  19:00 start ※ジャムセッション
1月28日 熊本『おくら』 096-325-9209  19:00 start ※譚歌duo  ライブ
1月30日 広島『Lush Life』 082-241-7740 19:30 start
1月31日 倉敷『アベニュウ』 086-424-8043 18:00 start 有観客+配信ライブ
2月1日 大阪『TEN-ON』 06-4254-0172 18:00 start
2月3日 名古屋『Mr.Kenny's』 052-881-1555 18:00 start

投稿者 石井彰 : 01:53 | ライブ | コメント (1) | -

謹賀新年 2021

明けましておめでとうございます。今年も何卒よろしくお願いします。

ブログを読んで下さっている皆様へ、昨年を振り返った動画年賀メッセージを作りました。
『譚歌チャンネル』『譚歌さんぽ』の総集編っぽくなりましたが。。。

こちらからどうぞ!!!


さて、新年早々嫌なニュースばかりです。昨年の3月後半の再現!?2時間の飲食店時短営業だけで、
それも1ヶ月だけで収まると本気で思ってるのでしょうか?ランチでは感染しない?
強い権限が無いからとはいえ、この煮え切らないハッキリしない措置を続け、これに対して逆行するような
キャンペーンを続けて来た的外れな政治指導者は要りません。結局、日本はこの様にダラダラと浮き沈みを続け、結局立ち直れないくらいのダメージを受けるような気がしてなりません。そして、そのツケを国民が払わされる。。。

今年も我々ミュージシャン、ライブハウス、音楽関係者にとってもキツい年になるとは思います。
僕らは常に状況を冷静に把握し、慎重かつ大胆に活動して行かねばならないと思っています。


さて、8日からの緊急事態宣言発動に際し、ライブハウス各店も対応を柔軟にし始めております。
現時点で以下のライブは、時間、メンバーの変更がございます。



1月7日 吉祥寺『SOMETIME』
     石井彰Trio 杉本智和(b)芳垣安洋(ds)
           
※Chamber Music Trioの出演予定でしたが、須川崇志(vc)の都合により上記メンバーに変更    させていただきます。
           ※この日までは通常営業 19:00startとなります!!



1月8日 新宿『Pit Inn』
松丸契(as) 金澤英明(b) 石井彰(p) 石若駿(ds)

※緊急事態宣言発令に際し、開場17:30 開演18:00〜19:50と変更となります。何卒ご理解よろしくお願いします!



1月9日 稲毛『CANDY』
石井彰 Piano Solo

※早坂紗知(as) 永田利樹(b)出演できなくなった為、一人でやります!!  17:00startです。よろしくお願いします!!



1月11日 横浜『Dolphy』
Scene of Jazz 安カ川大樹(b) 石井彰(p) 大坂昌彦(ds)
             配信有りです。

※緊急事態宣言発令に際し、17:30startとさせて頂きます。
何卒ご理解下さい。よろしくお願いします。


以上です。また追加で変更がどんどん出て来ますので、事前にチェックをよろしくお願いします。
この状況下、来てくださいと声を大きく上げられないのですが、我々はできる限り、ライブハウスと連携を取り、感染防止策を最大にとり、皆様には安心して音楽を楽しんでいただけるよう努力致しますので、
何卒宜しくお願いします!!


投稿者 石井彰 : 01:46 | ライブ | コメント (1) | -

今年もお世話になりました。。。


大変久しぶりのブログになってしまいました。。。。

大晦日。これほどウキウキ気分、年の瀬気分が希薄な大晦日は初めてかもしれませんね。皆さん同じ思いでしょう。波瀾万丈な一年でした。

2月終わり頃からコロナウイルスが忍び寄る足音が聞こえ始めてから一気に日本列島に止まらず、全世界が暗闇に包まれ。

4月からの非常事態宣言で職が無くなり、散歩だけの日々から救われたのは、『譚歌チャンネル』という企画を思いつき、実行に移してからでした。ミュージシャンが演奏する場を失った先には、動画配信、ライブ配信に溢れかえる事は想像出来ました。単なるライブの安売り、垂れ流しは絶対に避けたかった。

今までにない形のジャズの世界の側面を見てもらえる機会にしたかったのです。そして、高いクオリティを確保する。

高いハードルを自分に課して、やらざるを得ない状況に自分を追い込むのは私の常套手段。もうやるしかない!!!! 金澤英明さんと最初に話し合い、息子の智大に助っ人を頼み、友人の朝日新聞社の大野明氏にも助っ人と第1回ゲストを頼み、譚歌チャンネルチームは出航。

この話は元はと言えば、我らが中野の「Sweet Rain」のママさんに何かうちでやらない?とのお誘いがあったからのことでした。それ以来、収録会場を貸して下さり全面的に協力いただいた「Sweet Rain」がなかったら出来なかったことです。ここでもう一度お礼を!!ありがとうございました♪( ´▽`)

そして快くゲスト出演下さった素晴らしき皆さん、本当にありがとうございました!!御恩は忘れません。

『譚歌チャンネル』は来年もガンガン行きます。2021年の第1回目は1月3日の日曜日18時!!お正月番組にも飽きた頃には『譚歌チャンネル』ですよ٩( ᐛ )وゲストはお楽しみに〜!!


新しく始動したプロジェクトもいくつか生まれたのも今年の成果です。

定着しつつあるギターの秋山一将さんとのDuoは毎回見たことない旅の風景を感じます。私の新しいバンド2つ『Quadrangle』と『12本の弦と5人の男』。

『Quadrangle』は、ベーシスト水谷浩章が長野に移住し、東京に出られなくなったことからピンチヒッターで吉野弘志さんが3度助っ人として参加してくださいました。智大の成長著しい事も、この二つのバンドのキーワードとなりました。ドラムの池長一美さんは、とことん繊細なプレイでバンドに新風を送り込み続けてくれました。次回のライブは2021年3月23日、渋谷「公園通りクラシックス」です。

『12本の弦と5人の男』。私の弦楽器好きが高じて出来たバンド。定村史朗は日本のジャズ界で一際異彩を放っている。智大の師匠でもある。このツインバイオリンという珍しいフロントマンを強力に押し上げるのは、ベーシスト瀬尾高志とドラムの芳垣安洋。この超強力リズムセクションのコンビネーションは、このバンドが初だったというのは自慢の真実です(笑)このバンドでは私はオルガンを弾くというのが当初の目標でしたが、体調の関係で重い楽器とレスリースピーカーを運ぶのが困難になった為、前回からは小さなキーボードと音源を導入。この音源を充実させて行くのもこれからの課題です。
次回のライブは2021年4月27日、新宿「Pit Inn」です。

そして今年のハイライトは尊敬するボーカリスト吉田美奈子さんとツアーが出来た事でした。昨年の秋、毎年恒例の岡山「平喜酒造」の酒蔵コンサートにお呼びしている日野皓正さんが日程合わずに、美奈子さんにゲスト出演を依頼したことから始まりました。吉田美奈子さんは10代の頃にハマっていたこともあったのですが、実際にお会いしたのは「熊本チャリティーアルバム」のレコーディングでご一緒した時でした。この酒蔵コンサートは、台風の影響で中止。しかし、このバンドに興味を持ってくださった香川県の丸亀城コンサートのスタッフの方が今年のGWに開催の丸亀城コンサートに出演のお声がけをくださいましたが、コロナで中止。10月の自主的綱渡り的ツアーを決行したのが三度目の正直でした。このツアーを成功させたのは、大きな自信となりました。美奈子さんからは「これからもずっとやっていきましょう!!」と背中を押してくださる言葉を頂きました。来年は新しいプロジェクトを始めたいと思っています!!

もう一つの重要な意味を持つバンド『Chamber Music Trio』でのライブが思うように出来なかったのは今年の残念な事。来年は力を入れていきますよ!!

そして、ソロ。来年は必ずコンサートをやります!!!(これも自分にプレッシャーかけるための宣言です)



続けて良かったバンド。もちろん『Boys 』 金澤英明(b) 石井彰(p) 石若駿(ds) 今年はことあるごとに配信ライブをStudio Dedeからお送りできたのは今年の大きな成果。来年も仕事始めは2021年1月4日、下北沢Apolloでの『新春あけおめBoys』からです。どうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m

そして忘れちゃいけない。『譚歌Duo』。金澤英明との新しいプロジェクトのアイディアは沢山ありますが、何と言っても基本のこのDuoがしっかりしていないと始まりません。来年早々に発売予定の『譚歌U』是非お楽しみになさって下さいね!!



今年は悲しい知らせも一際多かったです。。。。

大切な友人、お世話になった方、尊敬する方が亡くなりました。

長いことトリオで共演した俵山昌之さん。大阪音大時代からお世話になったジャズ喫茶「Blue Note」のマスター菅原乙允さん。高田馬場「Hot House」のママさん桜井アキさん。神戸の大好きなライブハウス「クレオール」のマスター秋田昌則さん。ベーシストのゲイリー・ピーコックさん。ドラマーのヨン・クリステンセンさん。ピアニストのライル・メイズさん。ピアニストのマッコイ・タイナーさん。作曲家のエンニオ・モリコーネさん。サックスのスティーブ・グロスマンさん。トランペッターの沖至さん。トランペッターの近藤等則さん。

まだまだ沢山いらっしゃいます。人間はいつか死ぬ。肉体が滅んでも魂は残ると思っている。そして、人々の心に残って生きているのだと思っています。ご冥福を祈りたいと思います。

そして、自分にとって一番ショックな出来事。。。キース・ジャレットさんが引退表明。実はある筋から、キースさん2度脳梗塞を起こし半身不随に陥ってるとの情報が2年前にありました。復帰を密かに期待していた私は10月の正式発表に呆然としました。私のキース・ジャレット歴は1983年のスタンダーズトリオ発足から常に側にありました。もちろんそれ以前のソロ作品、初期トリオ、アメリカンカルテット、ヨーロピアンカルテット然り。同時代をリアルに生きて私は幸せでした。キース・ジャレットさんには感謝と尊敬の念で一杯です。静かな余生を送って下さいとしか言いようがありません。。。



年末大晦日に溜まった想いを長々と書いてしまいました。お付き合い下さりありがとうございました。

ともあれ、私石井彰は来年も新しい事にチャレンジし続けたいと燃えています。来年もどうぞよろしくお願い致します!!

投稿者 石井彰 : 21:01 | ライブ | コメント (0) | -

JAZZ ART SENGAWA 2020

『JAZZ ART SENGAWA 2020』

いよいよ明日に迫りました。「Quadrangle」 石井彰(p)石井智大(vn)吉野弘志(b)池長 一美(ds)で出演します。

僕が追い求める「何よりも自由で妖しく、深く、高貴で感傷的な。。」少々欲張りかもしれないが、心の奥に渦巻く気持ちを言葉で表すならこんな感じなのだ。この理想を追求し、体現する為に自分のいくつかのユニットは存在する。一緒に音を共有してくれる人ももちろん僕が理想とするプレイヤー。明日はこの4人でどこまでやれるか。是非聴いて欲しい。そして感じて欲しい「4次元的四角形」。どうぞよろしくお願いします‼️


9月20日(日)15:00開始
「調布市せんがわ劇場」東京都調布市仙川町1-21-5  
チケットはこちら→ https://passmarket.yahoo.co.jp/・・・/detail/01ju8m115sffk.html
❣️お得情報❣️割引コード欄に「ripitaruoki」と入れると。。。なんと500円引きでご購入頂けます😉

配信はこちら→ https://twitcasting.tv/jazzartsengawa/shopcart/24529

投稿者 石井彰 : 14:07 | ライブ | コメント (8) | -
<< 2022年8月  
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Categories